不動産の集客をうまく行う秘訣は?具体的な方法や実施時の注意点

不動産の集客をうまく行う秘訣は?具体的な方法や実施時の注意点の画像

このコラムでは、不動産の集客をうまく行う秘訣を、具体的な方法や集客方法の実施時の注意点とともに紹介します。近年は、InstagramやTwitterといったSNSで情報発信したり、ブログやYouTubeに動画を投稿するなど、Webを活用したオンラインの広告手法を実施している不動産屋も多くいらっしゃいます。ですが、まずは、不動産屋としてお客様からの信頼を獲得するためのコツをお伝えします。コストをかけずに明日から実践できることもありますので、集客手法の参考にしてください。

 

不動産の集客がうまくいかない原因とは?

ここでは不動産の集客がうまくいかない原因を3つ紹介します。自社の強みを発信できていないことによる他社への流出や、親しみやすさが感じられないことによる自社の認知度の低さ、そしてターゲットのニーズに合ったサービスを提供できていない、など原因を解説しますので、注意点を把握して、効率のいい集客のために対策していきましょう。

 

他社のサービスと差別化ができていない

不動産の集客がうまくいかない原因として、「他社のサービスとの差別化ができていない」という可能性が考えられます。貴社独自のサービスをアピールしないと、集客がしにくい傾向にあります。競合他社と比較をしたうえで貴社の方に「強み」がなければ、顧客は選んでくれないため、ポスティングで自社の魅力を訴求するなどの工夫をして差別化を行いましょう。

 

親しみやすさが感じられない

不動産の集客には、顧客に身近に感じてもらうことが大切です。不動産の集客がうまくいかない原因として、「親しみやすさが感じられていない」という可能性があります。ポスティングは顧客の認知度の向上に役立つ広告の一つですので、活用してみることをおすすめします。ほかにも店頭や駅前などでチラシ入りのティッシュを配布するなどの営業活動も、不動産会社の名前を覚えてもらうきっかけにもなりますし、いざ見込み客が問い合わせをしようと思い立ったときに、このような「親しみやすさ」は重要なポイントになります。

 

ターゲットのニーズに合ったサービスを提供できていない

ターゲットにとっては、各不動産物件や、不動産会社がどのような特徴があるのか、どのような強みがあるのかなどは見えづらいです。そのためには何を売りにしている不動産会社なのかアピールする必要があります。「他社のサービスとの差別化」でも触れたように、チラシに自社の強みとなるサービスも掲載してみてはいかがでしょうか。ターゲットに合った内容なら、興味を示してもらえるでしょう。

 

不動産業界で効果が期待できる集客方法

ここでは不動産業界で効果が期待できる集客手法をお伝えします。地域密着型の不動産屋として信頼を得るために配布するエリアを決めてポスティングを行ったり、チラシにも身近に感じられるイベントや告知を盛り込みつつ、地道なコミュニケーションで見込み客との信頼関係を築き上げていくことがコツです。ほかにもホームページを作成して反響率を分析するなど、様々な方法で集客を行いましょう。

 

ポスティングを行う

効果が期待できる集客方法の一つ目は、ターゲットと配布するエリアを決めてポスティングを行うことです。地域密着型の不動産会社として信頼が得られる可能性があります。また、地元にある不動産会社なら顧客も足を運びやすいことが、エリアを決めてチラシを配布するメリットです。

祖業から実施している当社の不動産ポスティングノウハウをまとめた資料は、こちらからダウンロードできます。

物件チラシやイベント開催の告知チラシを配布する

物件チラシやイベント開催の告知チラシも配布しましょう。どのようなサービスを提供しているのか、顧客に理解してもらえることができます。そしてそのチラシを見ることで、身近な不動産会社として認識してもらいやすくなるため、気軽に足を運んでもらえる可能性があります。店舗で、ターゲットに合いそうなセミナーを実施するなども工夫の一つです。

 

ホームページを作成する

自社ホームページも作成しましょう。顧客が会社情報を検索しやすくなります。チラシにQRコードを掲載しておけば、顧客の都合の良いタイミングでアクセスできるので、ポスティングするチラシなどにも記載してみてください。あわせてFacebookなどのアカウントも作っておくこともおすすめです。そして、チラシの配布後一定期間の自社サイトへのアクセス数を確認すれば、ある程度の反響率がわかるので、PDCAを回すための効果測定にも役立てましょう。

 

 

不動産会社が集客を行う際に注意すべきポイント

不動産会社が集客を行う際に注意すべきポイントを3点お伝えします。チラシに使っている用語を見直してみたり、誰をターゲットにしているのか明確にすること、自社のサービスをわかりやすく顧客に伝えることがコツです。ターゲットに相応しい文言を、伝わりやすい言葉で表すことで、効果的な集客につなげましょう。

 

顧客が理解できない専門用語を多用しない

チラシ広告などに、専門用語を多用していないか確認してみましょう。専門用語が多いとどのようなサービスを提供しているのか顧客が理解することができません。その結果、せっかく作ったチラシが見られなくなり、集客効果が期待できないということにつながってしまいます。自社内では業界用語を使ってしまいがちですが、チラシを受けとる側の目線になって、簡単に理解ができる内容になっているか今一度チラシを見直してみることをおすすめします。

 

誰をターゲットにしているのか明確にする

集客する際には、ターゲットを明確化する必要があります。キャッチコピーやサービス紹介の内容が変わってくるため、どのような層を狙うのかは、チラシなどを作成する前に決めることがポイントになります。例えば学生向けに賃貸物件の情報を届けたいのか、それとも、エリア内の住宅の売主に向けて伝えたいのか、そのターゲットによってチラシの内容は変わってきます。

各々のターゲットに合った広告内容にすれば、興味を持ってもらいやすいでしょう。

 

自社のサービス内容をわかりやすく記載する

自社のサービス内容をわかりやすく記載することも必要です。どのような特徴の不動産を紹介するのか、内容を明確にしておきましょう。「誰をターゲットにしているのか明確にする」でお伝えしたような明確化したユーザーにマッチした物件情報やサービス内容なら、反響率も高くなりやすいですし、見込み客が不動産会社に足を運ぶ目的が生まれます。

 

不動産の集客をうまく行う具体的な方法や実施時の注意点 まとめ

不動産屋として信頼を得るためのコツとして、主にオフラインの施策を中心にお伝えしました。一括査定サイトや不動産ポータルサイトのような「Webサイトに出稿すること」や、「リスティング広告で上位表示を狙う」、など、インターネット上のサービスを利用する前に、ポスティングによって顧客から身近に感じてもらうことで認知度向上を狙いましょう。その結果、親しみをもった顧客がいざ物件の売買を考えたときの相談先として思い出してもらえる可能性が高まります。中でも、物件を売却したい人なのか賃貸物件の契約を考えている人に向けてなのかなど、誰をターゲットにしているのか明確にすることが非常に大切になってきます。そして作成するチラシ内では、そのターゲットにあったキャッチコピーやサービス紹介になっているか、顧客が理解できない専門用語が多用されていないか、なども注意が必要です。

お伝えしたコツをふまえて、ぜひ効率的な集客の成功につなげてください。

 

【関連資料 無料ダウンロード】

無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」 無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」
無料 資料のダウンロードはこちら 「エリアマーケティングハンドブック」

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード