エリアマーケティングの活用方法とは?具体的な活用例事例と合わせて解説

エリアマーケティングの活用方法とは?具体的な活用例事例と合わせて解説の画像

エリアマーケティングを活用して、新店舗の出店戦略や既存店舗の売上拡大を行いたいと思っている方は多いのではないでしょうか。実際に、エリアマーケティングは店舗の出退店を決める際や、既存店舗の販売促進を検討する際、販促策の費用対効果をアップする際に活用できます。本記事では、エリアマーケティングを活用する方法を、具体的な事例とともに解説しています。ぜひ参考にしてください。

この一冊で

エリアマーケティングの全てを網羅

無料ダウンロードはこちら

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは、データに基づいて、ある地域での販促を自社の顧客に対して最適化するマーケティング手法のことです。地域を絞ってリサーチを行い、その地域に最適化されたマーケティング手法を行うことから、「地域密着型マーケティング」と呼ばれることもあります。エリアマーケティングでは、主に下記のような情報を収集・分析します。

  • 商圏の居住者の傾向
  • 商圏にいる同業他社の業績や販促手法
  • 商圏の地域性や土地的な特色

「エリアマーケティングとは?」について詳しく知りたい方は、こちらの記事で紹介しています。

 

エリアマーケティングを活用すべき理由

エリアマーケティングは、店舗や企業が、特定のエリアで販促を最適化していく上で欠かせない概念です。
例えば、下記のような場面で大いに役立ちます。

  • 売上予測を立てる
  • 事業計画を策定する
  • 営業活動を効率化したい

 

まず、店舗の立地や商圏の特徴を見える化することで、売上予測や事業計画を立てやすくなります。

また、商圏やその居住者の属性によって、効率的な営業活動は変わります。たとえば、若年層が多い商圏では、SNSによる集客が有効だと考えられる一方で、高齢者が多い場合はチラシのポスティングや新聞折り込みが有効と考えられるでしょう。ターゲットに応じてニーズは異なるため、それぞれのニーズに合ったマーケティング戦略を取る必要があります。商圏内でも、どのエリアにどのような属性の居住者がいるのかを見える化して、エリアに合わせた戦略立案を可能にすることが、エリアマーケティングの大きなメリットの1つです。

 

エリアマーケティングの活用方法

ここまで、エリアマーケティングの概要や活用すべき理由について解説してきました。エリアマーケティングを活用する際の方法は、大きく分けて下記の3つです。

  • 店舗開発や統廃合の新店舗を出店する際
  • 既存店舗の販売促進を図る際
  • 販促策の費用対効果を最適化する際

それぞれにおけるポイントを順番に解説します。

 

店舗開発や統廃合の新店舗を出店する際に活用

店舗開発や新店舗出店の際は、エリアマーケティングを最大限有効活用すべきでしょう。なぜなら、エリアによって年齢層や世帯年収、競合情報は異なるため、そのエリアに適したビジネスも大きく変わってくるからです。

統計データを基に、エリアの居住者の情報や競合の情報、土地の特徴などの地域特性を把握することで、最も適切なマーケティング手段を取ることが可能になります。

また、その商圏内の居住者の特徴を知ることで、どのターゲット層を狙うべきか明確になるとともに、3年後、5年後の変化した商圏の中で、安定した売上を獲得できそうかの予想も可能です。

このような商圏の土地や居住者の特徴を、さまざまなデータをもとに分析を行うことを、「商圏分析」と言います。商圏分析を行うことで、その土地に適したマーケティング手法の構築が可能であり、その地域に出店するのは適切であるのかを検討できるのです。

商圏分析について詳しく知りたい方は、こちらの記事で紹介しています。

 

店舗開発や統廃合の際のエリアマーケティング活用例

たとえば、新たにAエリアで店舗の出店を検討していると仮定します。

まずは、商圏分析を行なった上で、Aエリアにその店舗を出店したときの売上や需要の予測を行います。この段階で、十分な売上が見込めなかったり、そもそも需要が望めなかったりする場合は、出店を控えるべきでしょう。

十分な売上の見込みや需要が確認できたら、次に競合分析を実施しましょう。出店予定のエリアにどのような競合がいるのか、どのような集客を行なっているのかを調査することが大切です。

その他、エリアから想定される売上や、競合分析、その他土地の特徴なども考慮した上で、十分な成果が見込めるのであれば出店に進みます。

もし、出店にあたって課題がある場合は、その課題を解決できる方法を追求した上で出店を行いましょう。課題解決が困難である場合は、そのエリアでの出店を諦め、出店に適したエリアを再度検討することが大切です。

 

既存店舗の販売促進を図る際に活用

エリアマーケティングは、出店時だけではなく、既存店舗の販売促進を図る際にも活用できます。エリアマーケティングが活用される代表例が、ポスティングやウェブ広告です。

無計画にポスティングやウェブ広告で集客を図ったとしても、それらのアプローチ方法が正しくなければ効果は薄まってしまいます。どのような集客手段を取る場合でも、顧客分析を行なった上で集客策を講じるのが反響率を高める近道です。

エリアマーケティングでは、その商圏範囲が適切かどうかの確認や、潜在顧客が多いエリアの絞り込みが可能です。分析を行なった上で、適切な商圏範囲や潜在顧客が多い地域へのポスティングやウェブ広告の出稿を行うことで、高い費用対効果を実現できる可能性が高まります。

また、エリアマーケティングの一環として、同じエリアの競合の情報を確認できます。競合と自店舗の比較を行い、改善を行うことで効率良くその地域での収益を上げられるでしょう。

 

既存店舗の販売促進を図る際のエリアマーケティング活用例

ここからは、既存店舗の販売促進を図る際のエリアマーケティングの活用例について紹介します。たとえば、Aエリアで売上アップを目指している店舗があるとします。

この場合、まずやるべきことは、特にどのような者にお金をかけているか、といった消費性向の確認です。住民の特徴を掴むことで、どのような顧客、どのような地域にアプローチすれば良いかが分かります。

もし、AエリアだけではなくBエリアの顧客がいる場合、Bエリアのポスティングを行うことで、Bエリアからの流入を図れるでしょう。

また、AエリアとBエリアそれぞれの傾向を踏まえて、それぞれに最適化した販促策を取ることで、大幅の売上も狙えます。このように、地域ごとに異なるマーケティング戦略を行うことで、売上の最大化に繋げられるのです。

 

販促策の費用対効果を最適化する際に活用

エリアマーケティングを日々行うことで、販促策の費用対効果の最適化をさせられます。なぜなら、エリアマーケティングのPDCAを回すことで、無駄打ちに終わっている販促エリアや、アプローチが不十分な販促エリアが浮き彫りになるからです。

エリアマーケティングツールの反響分析機能を利用すれば、問い合わせがあった顧客の住所を地図上にプロットできます。これによって、どのエリアから特に反響率が高かったのかが分かるため、次回以降のポスティング等の戦略に活用できます。

一方で、反響が無かったエリアと反響があったエリアを比較することで、反響が無い理由や、課題を見つけられるでしょう。反響が無い理由が、居住者や地域の特性であった場合、次回以降は同じ特徴を持つ地域を避けることで、広告の無駄打ちを最小限に抑えられます。

 

販促策の費用対効果を最適化する際のエリアマーケティング活用

では、販促策の費用対効果を最適化する際のエリアマーケティング活用例を紹介します。

例えば、自然食品のスーパーマーケットを複数展開している企業があったとします。チラシポスティングを実施したところ、Aエリアでは目標以上の反響があったのに対し、BエリアやCエリアについては反響がほとんど得られませんでした。

この違いの原因を追及するために、エリアの分析を行います。

自然食品ということは、通常の食料品よりも単価が高い傾向にあります。食料品は日常的に購入するものです。つまり、このスーパーのターゲットは、特別な時だけでなく、日常的に費用を掛けてでも健康・美容に気を遣っている人たちや、自然環境に対する意識が高い人たちということが想定できます。属性で考えると、世帯年収が比較的高い人達、可処分所得が高い人がより多く居住しているエリアの方が、より反響が出やすいと仮定できるでしょう。Aエリアが、B・Cエリアよりもその傾向が高いのではないか、と、まずはこのように「仮説」を立てることが重要です。

その上で、実際に分析をしてみます。

A、B、Cの3つのエリアの世帯年収や、何にお金を使っているかが分かる消費支出性向のデータを出してみます。もし、仮説通り、AエリアがB・Cエリアと比べて世帯年収が高かったり、消費支出性向のデータから嗜好品に多く支出していることなどが分かれば、Aエリアにターゲットが多く居住している(潜在顧客が多い)と考えられるため、Aエリアに集中的にポスティングをする、といったことが可能です。

一方、B・Cエリアには、自然食品=高いといった一般的なイメージを払拭するようなキャッチコビーやビジュアルのチラシ、お得感を打ち出したデザインのチラシ配布する、といったことが有効と考えられます。

このように、一口に「商圏」といっても、エリアによって居住者の属性は異なります。仮説をもとに販促策を考え、実施した後の反響がどうだったのかを仮説と照らし合わせてみることで、エリアでのマーケティングが最適化されていきます。

 

なお、当社のエリアマーケティングの事例はこちらの記事で紹介していますので、ぜひ一度ご覧ください。

 

【まとめ】エリアマーケティングを活用して費用対効果アップ

本記事では、エリアマーケティングを活用するべき理由や、具体的な活用方法について解説しました。エリアマーケティングは、店舗型のビジネスだけではなく、BtoCビジネス全体で非常に有用です。エリアマーケティングを活用することで、高い費用対効果を持った販促を行えるでしょう。ぜひ、本記事の活用事例を踏まえて、エリアマーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

エリアマーケティングの分析を依頼するならDEECHへ

商圏分析や、販促策に対する反響を分析することで、より効率良くマーケティングを行えます。DEECHは、ポスティング業務の効率化と反響率の増加を助ける、総合的なエリアマーケティングツールです。

ポスティング業務の結果を可視化するとともに、ポスティング業務に必要な発注作業や分析を一貫して行えます。店舗を展開している企業様に合わせた分析機能を凝縮しているため、マニュアルなしでも操作できるほど簡単にご利用いただけます。ダウンロードやインストールも不要で、ID発行後すぐにご利用いただけます。まずは7日間の無料トライアルをぜひお試しください。

 

関連資料のダウンロードはこちら

 

エリアマーケティング調査資料サンプルデータはこちら。

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード