エリアマーケティングの成功事例を紹介 やりがちな失敗事例も解説

エリアマーケティングの成功事例を紹介 やりがちな失敗事例も解説の画像

エリアマーケティングを活用したいものの、どのように活用して良いか分からないために、足踏みをしてしまっている方は非常に多く見られます。そこで本記事では、エリアマーケティングを活用して売り上げをUPさせる方法や、実際の成功事例を紹介します。また、後半ではエリアマーケティングで失敗する際の代表的な原因も併せて解説するため、効果的なエリアマーケティングが可能になるとともに、具体的なエリアマーケティングの活用方法が分かるでしょう。エリアマーケティングの活用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この一冊で

エリアマーケティングの全てを網羅

無料ダウンロードはこちら

 

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは、それぞれの地域で異なる市場特性を把握した上で、特定のエリアにおける販促活動を地域のニーズや特性に合わせて最適化していく取り組みのことです。地域密着型マーケティングとも呼ばれており、店舗型ビジネスを中心とした、エリア特性による集客の影響が大きい業態では、必須のマーケティング施策とされています。

かつてのエリアマーケティングの代表的な方法は、新聞折り込みやチラシのポスティングとされてきました。しかし最近では出稿エリアの絞り込みを行ったウェブ広告や、SNS広告などを組み合わせる手法も用いられており、エリアマーケティング施策の多様化が進んでいます。

 

エリアマーケティングで得られるメリット

エリアマーケティングを行うことで、得られるメリットは大きく下記の4つです。

  • 需要や売り上げの予測を立てられるようになる
  • 広告や販売の戦略を立てやすくなる
  • 店舗を展開していく時にもマーケティング手法が応用できる
  • 費用対効果アップにつながる

エリアマーケティングを行う場合は、そのエリアにいる人口の層や購買傾向、競合他社の売上高などをもとに、潜在顧客が特にいるエリアは商圏内のどの辺りなのか、より反響を出すにはどのようなビジュアル・キャッチコピーが刺さりやすいか、などが浮き彫りになります。そのため、その地域の需要や売り上げの予測が立てやすくなります

新規で出店するエリアを決める際や、店舗の統廃合を検討する際にも、データをベースにすることで戦略的に計画することが可能です。客観的なデータに基づいた分析から販促策を導き出すため、費用対効果のアップが見込めるでしょう。

 

エリアマーケティングを手掛ける当社の成功事例

ここからは、当社のエリアマーケティングの成功事例についてご紹介します。ここで紹介する成功事例は下記です。

  • 郊外エリアの駅近にあるパーソナルトレーニングジム
  • 首都圏に約100教室を展開する学習塾
  • 全国に約70店舗を展開する海外自動車ディーラー

それぞれ順番に解説します。

 

実例①郊外エリアの駅近にあるパーソナルトレーニングジム

1つ目の成功事例は、郊外エリアの駅近にあるパーソナルトレーニングジムです。1店舗目が軌道に乗り始めた段階で、2店舗目の出店を検討していたところ、出店地をどこにするかが課題としてありました。

ニーズの高い場所に出店するために、商圏分析が必要です。パーソナルトレーニングジムの単価と特性をもとに、下記の条件を満たす場所に出店を行いました。

  • 年収1,000万円以上の居住者が多い
  • 「フィットネス」の検索ボリュームが多い

また、広告出稿を行う際にも事前に商圏分析を行い、パーソナルトレーニングジムへのニーズが高いと考えられる場所に集中的にウェブ広告を打ちました。

その結果、新店舗オープン前に30件の入会申し込みを獲得できました。

また、オープン初月はジオターゲティング広告で認知拡大を図り、2ヶ月目以降でリスティング広告も配信。検索面での露出を増やしながら継続してコンバージョンを狙ったため、オープン後も継続して新規契約をとり続けることに成功したと考えています。

ウェブ広告の無駄打ちを防ぐとともに、費用対効果を最大化させられた成功事例です。

パーソナルトレーニングジムの成功事例は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

実例②首都圏に約100教室を展開する学習塾

2つ目は、首都圏に約100教室を展開する学習塾です。この学習塾の課題は、中学受験や高校受験を控える生徒の獲得でした。

そこで、既存の塾生データをエリア分析ツール上でプロット。その上で、世帯年収や競合店舗の立地、学区データを掛け合わせることで、既存の塾生の傾向を可視化しました。それによって、商圏内で受験を控える世帯がより多く居住しているエリアを浮き彫りにできました。

そのデータをもとに、どのエリアに対してどのような販促戦略を立てるべきかの指標にして、ジオターゲティング広告の配信エリアを決定。優先的にターゲットにリーチできました

 

実例③全国に約70店舗を展開する海外自動車ディーラー

3つ目は、全国に約70店舗を展開する海外自動車ディーラーです。中でも東京23区内のA店の売り上げが特に伸び悩んでおり、改善策を模索していました

売り上げが伸び悩んでいる原因を探るべく、A店と販売が好調なB店のエリアで居住者属性を比較しました。伸び悩んでいる背景として、そもそも居住者の消費性向や趣味嗜好、世帯年収などが関係していないかをデータから探りました。

結果、A店のエリアは東京23区内であるものの、単身世帯が多く、可処分所得も比較的低いエリアであることが判明しました。つまり、従来の高所得者をターゲットとした広告戦略をしていては、売り上げを伸ばすことは困難であることが分かったのです。

しかし、少ないながらもターゲット像とマッチする居住者の多いエリアが導き出されたので、そこを中心に細かく販促活動を行う方向にシフト。従来は全店舗一律の販促ツールを活用していましたが、例えばA点では、エリアに合わせてチラシなどのデザインやキャッチコピーなどの訴求内容を変えることで、購買につながる可能性が高くなると考えられます。

自動車ディーラーのエリアマーケティング事例は、こちらの資料で詳しく紹介しています。

 

エリアマーケティングを成功させる必須ポイントは?

ここまで、エリアマーケティングの成功例について解説しました。エリアマーケティングを成功させるには、下記のポイントを押さえた上で施策を打つことが大切です。

  • 地域特性
  • 顧客分析
  • 競合調査

それぞれ順番に解説します。

 

【地域特性】商圏内の基本データを知ろう

エリアマーケティングを行う場合は、データを基に、それぞれの地域特性を捉えることが大切です。地域特性とは、人口や市場規模、立地などその地域の土地に関する情報全体のことです。まずは地域の全体像を把握します。

なお、地域特性を調べる際に確認すべきデータは、人口や市場規模などの定量的なデータだけではありません。その地域の生活習慣や、土着の風習などの定性データにも目を向け、広い視野でその地域特性を掴むことが大切です。

 

【顧客分析】ユーザーのニーズや消費活動の内容を知ろう

エリアマーケティングにおいて、その土地に住んでいる人のニーズや消費活動を確認することは非常に大切です。なぜなら、実際に商品やサービスを消費するのは、その土地の居住者であるからです。顧客分析を行う際は、居住者の家族構成の比率や平均世帯年収、ライフスタイルなどに注目しましょう。

また、同じ土地であったとしても、年月とともに居住者の傾向は変わっていくことがほとんどです。そのため、定期的に顧客分析を行い、常にタイムリーなマーケティング施策を打てる体制を取りましょう。

 

【競合調査】競合他社の情報を得て販売戦略を固めよう

敵を知ることも、エリアマーケティングにおいて重要です。まずは競合と考えられる店舗が、自店の商圏内のどこにどれだけ存在するのかを把握しましょう。その上で、地域特性や顧客分析などと組み合わせ、競合が比較的少なく、かつ自店のターゲットが多いエリアなどに優先的に販促を展開すれば、効率的な集客につながるでしょう。

 

エリアマーケティングでやってしまいがちな失敗事例

エリアマーケティングのよくある失敗例として、下記の3つが挙げられます。

  • エリアの状況が変化して売り上げダウン
  • 価格や立地だけで新規出店店舗を決めてしまった
  • 代理店任せになり費用対効果が合わない

それぞれ順番に解説します。

 

【事例1】エリアの状況が変化して売り上げダウン

エリアの状況は年々少しずつ変化をし続けるため、5年ほど経てばそのエリアの特徴が大きく異なっているケースも多く見られます。先述したように、居住者のニーズや特性は、駅事情の変化や商業施設の出店・撤退に応じて大きく移り変わります。

また、それらの変化のスピードが早いことも往々にしてあるため、急速な発展・衰退に備えて常にアンテナを張り、そのときどきに合ったマーケティング施策を打つように心掛けましょう。

 

【事例2】価格や立地だけで新規出店店舗を決めてしまった

出店時の大きな失敗として、ウェブからの情報のみで場所を決めてしまうことが挙げられます。駅からの徒歩分数や物件の価格などの情報のみで出店場所を決めた結果、事業や店舗のイメージや業態と地域性がマッチせず、伸び悩むケースが非常に多いです。

エリアマーケティングにおいては、定量データだけではなく定性データも考慮することが大切です。実際にそのエリアに足を運び、住人の生活スタイルや街並みを確認した上で、出店を吟味するようにしましょう。

 

【事例3】代理店任せになり費用対効果が合わない

店舗ビジネスをしている事業者が、エリアマーケティングに失敗する際の大きな原因は、代理店任せにしているケースです。エリアマーケティングに関する知見がまだ積みあがっていないとしても、丸投げは控えましょう。

エリアマーケティングは、PDCAサイクルを回していくことで、その地域での集客を最適化していくことにつながります。つまり、あくまでも店舗の運営に携わり、顧客と接している自分達で、販促策を計画・実行し、効果検証していくことこそが、最適化の近道です。自店でマーケティングが分かってくれば、代理店任せにせず、費用対効果の高い施策を展開できるようになっていくはずです。

 

【まとめ】事例を参考にエリアマーケティングを成功させよう!

エリアマーケティングの成功事例やエリアマーケティングを成功させるためのポイント、失敗する際のパターンについて解説しました。エリアマーケティングを行う際は、自社サービスの特徴を確認した上で、エリアの特性が自社サービスとマッチしているかを確かめることが大切です。時には、商圏が同じ同業他社のサービスやマーケティング施策を確認し、差別化を図ることも検討しましょう。

また、エリアマーケティングは1回やって終わるものではありません。エリアの特性は日々変化するため、継続的に分析とマーケティング施策の改良を行う必要があります。そのため、代理店任せにするのではなく、できるだけ自社内で行う姿勢を持つことが大切です。まずは自社内で完結させられる分析から始めてみてはいかがでしょうか。

 

エリアマーケティングをプロに任せたい方は当社へ

DEECHは、ポスティング業務の効率化と反響率の増加に特化したエリアマーケティングツールです。ポスティングの効果を可視化するとともに、競合分析やエリア別の反響率も確認できるため、効率よく配布エリアを選定することができます。
居住者の趣味嗜好や世帯年収、競合店舗の分布等が見える化できるので、ウェブ広告の配信エリアを選定する際や、新聞折り込みといった他の販促策にも活用できます。「最近、反響が落ちてきた」「何をどのように改善したらいいか分からない」という方は、ぜひ一度当社までご相談ください。

 

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード