商圏分析とは? やり方とメリット・活用例を紹介

商圏分析とは? やり方とメリット・活用例を紹介の画像

商圏分析とは、国勢調査などの国の統計データや企業が持つ顧客データを活用して、特定エリアの居住者の属性や傾向などから、市場規模や地域特性をグラフなどで可視化する分析のことです。ここでは、商圏分析のやり方だけでなく、分析をすることに対するメリット、そしてその分析データをどのように販促手法に活用していけるのかをステップ順に解説します。具体的な分析活用例もご紹介しますので、販促活動の参考にしてください。

関連資料 商圏分析媒体資料のダウンロードはこちら

 

商圏分析とは?

商圏分析とは、企業や店舗に集客するエリアにおいて、そのエリアに居住・訪問する人の属性や嗜好などを数字のデータに基づき分析することです。サービスや店舗の商圏調査時、あるいは店舗開発の段階などに、主に国勢調査で収集されたデータを利用して行われます。消費者のニーズ把握を始めとした顧客分析に応じて、例えば、店舗から車や徒歩で●分圏内のエリアについて、年齢別人口や世帯、消費性向などを定量的に知ることができます。

 

商圏分析で分かること

商圏分析のツールによっても異なりますが、弊社で取り扱っている商圏分析では、下記のような約40項目について、グラフや地図で可視化することができます。さらに、下記を組み合わせて、さらなる深堀りデータを取得することも可能です。

<スライド7:人口・世帯> ・人口総数 ・年齢別人口 ・高齢者人口 ・世帯数 ・住宅所有の関係 ・住宅の建て方 <スライド8:人口特性> ・人口ピラミッド ・年代別構成比 ・10歳ピッチ構成比 <スライド9:世帯特性> ・人員別世帯比率 ・一人世帯内訳 ・所有関係別世帯比率 ・建て方別世帯比率 ・共同住宅世帯比率内訳 <スライド10:商業> ・商業力指数 ・小売業計 ・業態別事業所数 ・業種別事業所数 ・産業別事業所数 ・従業者規模別事業所数 <スライド11:商業及び人口特性> ・立地特性 ・従業者規模別事業所数 ・売場面積規模別事業所数(グラフ) ・業種別事業所数 ・事業所の開設年 <スライド12:昼夜間人口・事業所特性> ・人口・事業所統計 ・昼夜間人口比率 ・昼間人口内訳 当社の商圏分析を使ってご提示できるのは、下記の項目です。 ・人口当たり施設数ランク ・人口1,000人当たり施設数 <スライド13:年収特性> ・推計年収階級別世帯数 ・住宅所有関係別推計年収階級別世帯数 <スライド14:将来人口> ・将来人口 <スライド15:消費支出特性> ・商圏内消費額構成比 ・都道府県消費額構成比 ・一世帯当たり消費額の都道府県比較 <スライド16:タイプ別昼間人口・産業別従業員人口> ・人口ピラミッド(年齢別昼間人口) ・タイプ別人口ランク ・従業者内訳(産業・男女別) <スライド17・18・19:掛け合わせデータ例> ・掛け合わせデータ例1~3

以下では、実際のレポートの一部を紹介します。すべてのレポートのサンプルは、「商圏分析サンプルレポート」の無料ダウンロードをご利用ください。

 

<人口・世帯>

人口・世帯データは、エリアの居住者属性全体を俯瞰するのに欠かせないデータです。

人口・世帯
Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)


<世帯特性>

世帯の構成比が分かるデータです。学習塾など、子ども向けのサービスで出店地を検討している場合など、候補地を比較する上で役立ちます。

Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)


<年収特性>

エリア内の1世帯当たりの年収高が分かるほか、各年収階級ごとにどれくらいの世帯数があるのかも分かります。

年収特性
Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)


<掛け合わせデータ>

分析データの中から、任意のデータを掛け合わせた結果を表示することができます。ここでは、30~40歳の人口と年収700万円~1,000万円のデータを掛け合わせました。

掛け合わせデータ
Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)

ポスティング発注に特化した商圏分析ツールを1週間無料でご利用いただけます。ぜひお試しください。

 

商圏分析のやり方

ここでは、実際に商圏分析のやり方を解説します。

①分析したい商圏を決める

必要な要素は店舗からの距離の設定です。
店舗を中心に

A 半径●km圏内 もしくは
B 車 or 徒歩 or 自転車で●分圏内

と指定します。例えば下記のようになります。

A 「半径5km」で指定した場合 B 「車で10分」で指定した場合

Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)

Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)

 

なお、半径指定の場合は、店舗周辺を広く対象としたいときなどに向いています。一方、車や徒歩での時間指定は、より詳細なエリアを対象とすることができます。目的を確認し、最適なやり方を選択してください。

 

②指定したエリアの統計情報などを収集する

商圏分析ツールを使うと、レポートという形でデータを得ることができます。国勢調査データなどを無料でデータを公開しているサイトもありますので、こちらを活用することも可能です。無料ツールの紹介は、下記の記事で掲載しています。


関連記事 エリアマーケティングツール6選 簡単操作・5万円以下で使えるツールを紹介

③自店の顧客データと組み合わせて分析する

レポート結果を見るだけではなく、自店の顧客データと組み合わせて、さらに深堀りすることもできます。
例えば、オレンジ色の丸が、スポーツジムA店の会員の住所のプロットだとします。

これまで、緑と黄のエリアから顧客が来ていないことは分かっていたものの、理由は明確になっていませんでした。しかし、このように地図に落とすことで、緑エリアとの間には川が商圏バリアとなり、橋を渡らなければならないこと、また、黄エリアには競合店があるために、来店客が少ないということが見えてきます。


会員データと商圏分析データとを組み合わせて地図上で見える化することで、なぜそこに販促を展開すべきなのか、また、どのような販促をすべきなのかが浮き彫りになるでしょう。


ただ、この反響分析は、一般的な商圏分析ツールでは操作が難しく、1ライセンスにつき100万円ほどかかることもあります。当社のエリアマーケティングツールDEECH(ディーチ)では、機能の使い方もカンタンで費用も3万円と手軽に利用できるので、ぜひ無料トライアルをお試しください。

④販促結果をもとに、PDCAを回す

商圏分析をもとに、どこにどのような販促を展開するかを決めた上で実施したら、お問い合わせやお申込みがあった顧客の住所などのデータを記録しておきます。どのエリアからどれだけの反響があったのかをデータ化しておくことで、次の販促策に活かします。

 

 

商圏分析のメリット

では、商圏分析は具体的にどのような場面で活用できるのでしょうか。


新規で出店を検討している企業様が、商圏内の人口・年齢といった居住者データを利用して、「どのあたりに出店するか」などの開業前調査として活用されるほか、商圏内の競合店舗にはどのようなエリアからどのような客層が来ているか、を可視化することができます。


このように、商圏分析は新規出店時のエリア分析ツールとみなされがちですが、出店後にも大いに活用できます。具体的な3つのメリットを解説します。

 

(1)潜在顧客の見える化で費用対効果アップ

商圏分析をすることで、潜在顧客やターゲットとしている顧客がいるエリアを可視化できます。例えば、チラシのポスティングやウェブ広告の配信をする際に、やみくもに周辺エリアで展開するのではなく、ターゲットが居住しているエリアに集中投下できます。広告費や販促費を落とさずに反響率をアップしたい、という企業様は、今一度商圏分析でターゲットのいるエリアを見直してみましょう。

 

エリア内を色分けして、ターゲットの集中度合いを一目で認識できる  Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)


 

(2)エリア属性に適したチラシ・キャンペーン内容を展開できる

例えば、独り暮らしが多いエリアにファミリー向けのキャンペーン広告を展開したり、年齢層が高いエリアに若年層向けのチラシを配布しても、効果が出ないのは明らかですよね。


商圏内にどのような属性が多いのか、どのようなことにお金を使う傾向があるのか、などの分析結果を得ることで、それらに応じたビジュアルやキャッチコピーを考えやすくなります。定期的に効果の集計をし、販促手段をチューニングしていくことが理想です。こうしたミスマッチを極力減らすことで、販促費をより有効に使うことができ、反響率アップにもつながります。

 

(3)広告のPDCAを回す際の指標になる

結果の数値だけを見て一喜一憂し、次の販促物は前回の焼き直しで再実施…ということになってしまっていないでしょうか。


商圏分析の客観的なデータは、結果がよかったのか悪かったのかを判断する有力な材料になります。事実ベースのデータをもとに商圏を定め、ターゲットに合わせた販促物で広告を展開したのであれば、次回の販促がより有効になるように改善ができるからです。商圏分析はPDCAサイクルを回す上での指標にしましょう。

 

 

商圏分析 活用例

それでは、商圏分析をどのように活用できるのか、具体的な例を見てみましょう。

(1)郊外の飲食店A社の例「チラシの効果が薄れてきた」

郊外の駐車場付き店舗ということもあり、車で来店すると見込まれる対象エリアとして、半径3km圏内(水色の円のエリア)にチラシを配布していました。

Powered by MarketAnalyzer™(技研商事インターナショナル株式会社)

しかし、商圏分析で店舗の半径3km以内=車で20分圏内に換算してエリアをしぼってみると、下の地図の青い枠線の範囲が商圏であるということが分かりました。これまで対象にしていたエリアよりも、遠くの人も十分にターゲットになりえることが分かったのです。

さらに商圏分析を進めていくと、この商圏内には若年層が多いことが分かりました。これまではチラシ販促だけに頼っていましたが、若年層にリーチするためには不十分と判断。同じエリアにウェブ広告を配信することで、これまでカバーできていなかった層に対して、より有効にアプローチできるようになりました。

 

(2)フィットネスジムB社の例「キャンペーンやデザインの方向性が定まらない」

どのような人向けに、どのようなキャンペーンを実施するのがベストなのかが分からないというお悩みを抱えていたB社。
店舗周辺の商圏分析を実施してみると、一人暮らし世帯が商圏内の大半を占めていることが分かりました。商圏内には複数の大学キャンパスが点在していることから、一人暮らし世帯には学生が多いのではないかと仮設を立て、学生限定のキャンペーンを実施。チラシではリーチしにくいと考え、ウェブ広告を配信して集客につなげました。

 

商圏分析とは まとめ

商圏分析をすることで、自身のサービスや店舗のターゲットに対して、費用対効果高く販促策を展開するのに有効です。効果検証をする際も、事実に基づく客観的なデータとして活用できます。


DEECHでは、GoogleMapから商圏エリアを設定するだけでポスティングの見積もりから発注、商圏分析、反響分析、競合分析までワンストップで行えるエリアマーケティングシステムを提供しています。このようなツールも使用しつつ、理由なく、同じエリアで販促を続けている方、新規出店を検討中の方は、ぜひ活用して効率的な販促に役立ててはいかがでしょうか。

 

 

【関連資料の無料ダウンロードはこちら】

 

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード