塾が集客するためには?効率的な集客のポイントと注意点

塾が集客するためには?効率的な集客のポイントと注意点の画像

このコラムでは、塾が集客するためのポイントと注意点を解説します。集客方法というと、ポータルサイトやインターネット広告、リスティング広告で検索結果に上位表示させる施策などが思いつくかもしれません。ただ、当社が塾の集客におすすめしたいものは、チラシの配布や、イベントの開催、SNSでの情報の発信です。その理由や、手法を実施する際のコツを、注意したいポイントと併せてお伝えします。現在塾経営をされていて集客にお悩みの方、今後開業をお考えの方への参考になれば幸いです。

 

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」

 

 

塾の集客で大切なポイント

ここでは塾の集客で大切なポイントを紹介します。まずは、ターゲットとなる生徒はどのような方々なのかイメージすること。自ずとアプローチすべき方法が明確になってきます。ほかにも、その生徒たちを集客するために最も適した時期や、塾の特徴を一言で伝えることの大切さについても解説します。ポイントを抑えて集客に活かしていきましょう。

 

ターゲットになる生徒像をイメージする

ターゲットになる生徒像をイメージすることです。例えば、学区内でトップクラスの高校受験を考えている生徒、だったり、進学校への受験までは考えていないけれど、学校の授業に遅れを取りたくないが集団行動が苦手な子、などです。目的は受験対策なのか成績向上なのか、個別指導塾にする必要性はあるかなど、塾の方針を決めるために非常に重要になりますし、年齢層や教科などを絞ることで、集客の際にアプローチする方法が明確になってきます。

集客するタイミングに注意する

集客するタイミングにも注意が必要です。一年中同じ集客をやっていても費用対効果はあまり良くありません。生徒が学力向上したいと考える時期に集客するのがベストです。具体的には、年度末の「2月~3月頃」が、問い合わせが増える傾向にあるのでおすすめです。学年が変わる直前になるため「自分は新しい学年で授業についていけるだろうか」「授業に遅れたくない」と、不安感を抱く人が入塾することが多いからです。実際には、生徒だけでなく、その保護者が「うちの子は、授業についていけるだろうか」「落ちこぼれてしまわないだろうか」といった不安から、入塾を決めることがほとんどです。

 

塾のキャッチコピーを考えておく

塾のキャッチコピーを考えておくことも大切なポイントになります。一言で塾の強みや方針をアピールし、興味を引くことができるからです。キャッチコピーによって塾の魅力を明確に伝えれば、集客につながります。そしてそれがターゲットの悩みとマッチすれば、入塾したいと思わせることができます。

 

塾の集客方法とは?

ここでは具体的な塾の集客方法を紹介します。エリアを区切って宣伝できる「チラシ配布」、実際の授業風景を知ってもらうために行う「気軽に体験できるイベントの開催」、親しみを持ってもらいやすくなる「SNSでの情報発信」の3つです。特にチラシ配布に関するメリットは、エリアを区切って宣伝できること以外にもありますので、ぜひ効率的な集客手段として参考にしてください。

 

チラシを配布する

塾の集客方法としてはチラシの配布をおすすめします。学校の付近や塾に通いやすいエリアなど、宣伝したい商圏に絞ってポスティングすれば、地元の生徒が集まりやすくなるからです。また、地元学校のスケジュールに合わせてチラシ配布しやすいため、「集客するタイミングに注意する」で紹介した2月〜3月頃以外にも、夏休みや冬休みの長期休みに入る前や、前期後期の学期が変わるタイミングなどの時期に配布するのも効果的です。最寄りの塾なら通いやすいと考えてもらえるため、ぜひ配布するエリアを考慮して選定してみてください。

関連記事 塾の集客にポスティングを活用すべき理由は?配布時のコツと注意点

 

気軽に体験できるイベントを開催する

塾は、一定期間に何度も通う形態のサービスで、授業料も月に数千円~数万円と高額になるケースもあることから、チラシやネットの情報だけで入会申し込み、ということは起こりにくいです。門戸を広げるためにも、無料体験授業や模試、夏期講習の実施、入塾者からの紹介キャンペーンなどを開催し、実際の授業風景を知ってもらうこともおすすめしたい方法のひとつです。授業内容を理解してもらい、信頼できる塾であると感じさせることができれば、親も含め安心してもらえるでしょう。ターゲットのニーズに合う授業内容であれば、入塾する可能性も高まります。

 

SNSで情報を発信する

SNSで情報を発信することも検討してみてください。塾内の設備などを動画で紹介したり、講師の自己紹介などを投稿することで、どのような塾なのか生徒が把握しやすくなります。そこでコミュニケーションを図り、親しみを持ってもらえれば、塾を身近に感じさせられることもできます。ただ、あまり学習からかけ離れたコンテンツばかりを投稿しないようにしましょう。自社ホームページがあるようでしたら、SNSのプロフィール部分にリンクを貼るなど、「公式感」も忘れないように運営をすることで、保護者も安心して子供を通わせられると感じてもらえます。

 

 

塾が集客する際に注意したいポイント

塾が集客する際に注意したいこととして、生徒がすぐに退塾しないようにするためのコツや、獲得した見込み客を「見込み」のままで終わらせないポイント、効果測定を行う必要性を解説します。紹介するポイントを抑えて、より効果の高い集客方法へとチューニングしていってください。

 

顧客満足度を高める工夫が必要

塾の授業品質を高く維持するなど、顧客満足度を高める工夫が必要です。顧客満足度が低いと、集客してもすぐに退塾してしまうおそれがあります。さらに、競合への転塾や、口コミで印象が悪くなるような内容を投稿される可能性など、二次三次と損失が生まれることも考えられるので意識しましょう。

 

見込み客への対応も重要

見込み客への対応も注意してほしいポイントのひとつです。例えば、「気軽に体験できるイベントを開催する」で解説したような体験授業を利用した生徒は、見込み顧客となります。その方へのアプローチも忘れずに行うようにしましょう。具体的には、定期的に電話やメールなどで接触して入塾への意思を確認する等のアフターフォローです。ただ、連絡頻度が多くなり過ぎたり、非常識な時間に連絡するなど、先方の迷惑になってしまっては逆効果のため気を付けましょう。

 

集客に対する効果測定はこまめに行う

集客方法に対する効果測定はこまめに行いましょう。具体的な数値を出せば、その集客方法に効果があったのかどうかが明確にわかります。例えば、チラシ配布の場合は、一定期間の入塾数を把握するなどです。結果によって、ポスティングのエリアを調整してみる、チラシのデザインを変えてみる、キャンペーンを追加する、など施策に変化をつけ、集客効果の成功パターンを見つけてみてください。期待する効果がなかった場合には、反響の結果から何が原因なのかを分析し、別の方法を試してみましょう。

 

塾が集客するためには?効率的な集客のポイントと注意点 まとめ

エリアを決めて集客を行うことが必要になってくる塾の集客。大手学習塾のように多くの広告費をかけて幅広く認知を獲得するのではなく、成果をあげるためには、集客するタイミングも戦略的に考えることも重要です。そしてチラシ配布に関しては、やみくもにばらまくのではなく、ユーザーである生徒の属性に合わせたポスティングを行うことが大切です。自社でチューニングしてもいいですが、実績のあるポスティング会社を活用することもおすすめです。信頼できる業者とともにPDCAサイクルを回し、ぜひ多くの集客につなげてください。

 

【関連資料 無料ダウンロード】

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」
無料 資料のダウンロードはこちら 「エリアマーケティングハンドブック」 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード