チラシのレイアウトで印象は変わる?作成のコツやポイント

チラシのレイアウトで印象は変わる?作成のコツやポイントの画像

 

このコラムでは、ビジネス用のチラシやフライヤーのレイアウトを決めるときのさまざまなルールやコツについてお伝えします。DMやポスティングは配布方法も重要ですが、チラシのデザインも反響の大きさを左右する非常に大切な要素となります。インパクトがあり広告効果の高いデザインテンプレートを用意してしまえば、さまざまな商品のチラシを作る際にも利用でき、一から作り上げるより簡単です。今回お伝えする作り方を、実際のパンフレットやポスター、チラシ作成に活用してみてください。いくつかのコツを踏まえて、反響や反応率の向上、問い合わせにつながるおしゃれなチラシ作成に活かしましょう。

 

チラシのレイアウトを決めるときのコツ

ここではチラシのレイアウトを決めるときのコツを3つご紹介します。チラシのレイアウトを決めるときのコツとして、フォントを統一したり関連性の高い情報をまとめたりするなど、いくつかのポイントがあります。社内にデザインのプロであるグラフィックデザイナーがいる場合は、事前に作成したいチラシデザインのイメージを整理して共有しておくことが大切です。画像のサイズやテキストのフォントなど押さえるべきコツを意識しながら、読みやすく反響アップにつながるチラシデザインを目指しましょう。

 

画像のサイズや配置は統一する

画像の大きさがバラバラだと読者が読みにくいため、写真のサイズや配置は統一します。高さなどの位置を合わせることで、見映えが良くなるというメリットがあるためです。文字の位置も統一させれば、さらに読みやすくなるので、読者が読みやすくなる画像のレイアウトを意識しましょう。

フォントは統一する

複数のフォントを混ぜて使用すると、読みにくくなるためNG。そのため、使うフォントは統一する必要があります。フォントの種類は、多くても2~3種類に留めておきましょう。もしフォントを変える場合でも、読みやすさを保つために、見出しと強調したい部分のフォントを変える程度に抑えましょう。

関連性の高い情報はまとめる

文章や画像など、関連性が近い情報はまとめることもポイントです。なぜなら、情報をまとめることで、読者も内容が頭に入りやすくなるからです。関連性の高い情報はまとめて、全体的に読みやすいチラシを意識して作成しましょう。

 

 

見やすいチラシを作るためのレイアウトのポイント

ここでは、見やすいチラシを作るためのレイアウトのポイントをお伝えします。見やすいチラシを作るそもそもの目的は、読み手に伝えたい情報をわかりやすく伝えるためです。チラシ印刷をする際に、パソコン上で表示されているレイアウトと印刷されたレイアウトが変わる場合があるため、印刷したチラシをチェックして最終的なレイアウトを決定しましょう。

 

余白をうまく作る

文字が詰まっていると読みにくいため、チラシには余白をうまく作りましょう。文字と文字、画像と画像の間に適度なスペースを作ることが大切です。例えば、文章や写真を詰め込みすぎたレイアウトだと、どうしても洗練されていない印象を受けてしまいますよね。伝えたい内容に優先順位をつけ、読みやすく、ゆとりとメリハリのあるレイアウトを心がけましょう。余白を設けることで整って見えるため、全体のバランスを見ながら余白をうまく作ることがポイントとなります。

 

情報をまとめるときは同じ配色にする

読みやすいチラシには配色も重要です。さまざまな色を使った派手なチラシだと、読み手も疲れてしまいますよね。そのため、情報をまとめるときは、同じ配色にすることがポイント。同じ配色にすると読みやすく、興味を引けるチラシになるからです。また、関連性が近い情報は、同じ色にしたほうが記憶に残りやすくなります。そのため、伝えたい情報を読み手の記憶に残すためにも、情報をまとめるときは同じ配色にすることが必須です。

 

重要な文章はフォントサイズや色を変えて強調する

重要な文章はフォントサイズや色を変えて強調することもポイントです。なぜなら、強調を入れることでほかの文字とのメリハリがつくからです。例えば、文章の文字の大きさがどの情報も同じで単調だと、商品カタログのようなレイアウトになってしまい、読み手が飽きてしまいますよね。チラシの作成において大切なのは、アピールポイントを正確に伝えられることになります。読み手に購買意欲を湧かせるきっかけにもなるため、キャッチコピーなどの重要な文章はフォントサイズや色を変えて強調しましょう。

 

 

目を引くチラシレイアウトのテクニック

目を引くチラシレイアウトのテクニックについてお伝えします。ここでは、読み手がチラシを読む際の視線の流れも意識しながらレイアウトを決めていくことが大きなポイントとなります。文字の色や文章の長さなどいくつかのポイントを意識しながら、読みやすく目を引くチラシレイアウトに仕上げましょう。

 

見て欲しい内容は上部に配置する

伝えたいことは紙面の上部に配置したほうが人の目に留まりやすいです。なぜなら、人はチラシを見るときに、縦書きなら上から下、横書きなら左から右に目線を動かすという規則性があるからです。そのような規則性を踏まえると、チラシを読むときの視線の動きとしては、左上から右下に文字を追うという流れが自然となります。そのため、商品・サービスの訴求ポイントは、紙面の上部に配置することを意識しましょう。

 

色は2~3種類に留める

カラーを取り入れすぎると見にくくなるため、色は2~3種類を目安に留めることが大切です。目立たせたい文章があるときのみ色を変えると、メリハリがつき読者にも情報が伝わりやすくなります。また、2~3種類の色を選択する際には、読み手にどのような印象を与えたいかということも大きなポイント。例えば、赤やオレンジなどの暖色には食欲を増進させる効果がありますが、青などの寒色には食欲減退の効果があります。そのため、選ぶ色によって伝えたい情報とは真逆の印象を与えてしまう可能性があるのです。よって、チラシ作成において色を選ぶときは、読み手に与えたい印象を意識しながら、多くても2~3種類程度に留めるようにしましょう。

 

情報は短く簡潔に伝える

情報量が多いと伝えたいことがわかりにくくなるため、情報は短く簡潔に伝えることを意識しましょう。なぜなら、情報量が多いと読者も途中で読むことをやめてしまう可能性があるからです。情報を整理するための手法として、箇条書きを用いると整理された印象になるため、おすすめです。読み手にわかりやすい内容になっているかどうかを客観的にチェックしながら、情報は整理して短く簡潔に伝えるようにしましょう。

 

 

チラシのレイアウトで印象は変わる?作成のコツやポイント まとめ

チラシのレイアウトで、情報の伝わり方は大きく変わります。反響率を高めて効果的にDMやポスティングを実施するためには、ターゲットに伝えたい情報がわかりやすく明確に伝わるチラシのレイアウトになっているかどうかを客観的にチェックすることが大切です。色や余白を効果的に使いながら、着実に集客アップにつながるような、読みやすくておしゃれなチラシのレイアウトの作成に活かしましょう。

無料_672x508 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

 

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル