ポスティングの一人当たりの平均枚数と配布頻度、タイミング

ポスティングの一人当たりの平均枚数と配布頻度、タイミングの画像

集客手段としてポスティングを検討されている担当者様が知っておきたいのが、「1日に配れるポスティングの枚数」です。1日に何枚配れるのか把握しておけば、どれくらいの人数をカバーしているのか、どのような層に対応できているのかなどの計算が立てやすくなり、また印刷する部数の節約にもつながります。ただ、1日に配る事ができるポスティングの配布条件は条件によって変わってきます。この記事では1日のポスティングの平均枚数がどこで差が出るのか、より効率よくポスティングを行うにはどうしたら良いか、弊社が普段行っているポスティングのコツを紹介します。

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

 

ポスティングを1人で配ったときの平均枚数は?

ポスティングを1人で配ったときの平均枚数と、平均枚数が変わる条件を解説します。

1日で300枚から1,000枚程度

1人でポスティングを行った場合、一般的に1日で配布できる平均枚数は300枚から1,000枚程度と言われています。これだけ枚数が増減するのは、建物や地域の違いがあるためです。住宅が密集しているエリアほど、移動距離が短くなるため、より多くのチラシを投函できます。例えば、マンションなどの集合住宅が多ければ多くのチラシが配布可能な一方、畑が多く、世帯数の少ないエリアや、1区画あたりの戸数が少ない高級住宅街では、同じ配布期間でも投函できる軒数が少なくなります。

また、実際の配布人数も枚数が変わる原因です。複数人で配布すれば、配布するエリアを分担できて効率的ですが、1人で行うとカバーしなくてはいけないエリアが広がるため、それだけ配布員の体力が削られてしまいます。
エリアの地形や集合住宅が多いエリアなのかどうかを加味しながら、300枚から1,000枚程度を目安にするといいでしょう。

 

配布する人によっても枚数に差が出る

また、担当する配布員のポスティングの経験値によっても配布できる枚数に差が出ます。ポスティングに慣れている配布員や、担当地域の土地勘のある配布員ならば、効率の良い配布方法を知っているため、より多くのポスティングができます。そのため、できるだけ土地勘のあるスタッフにポスティングを頼むようにしましょう。
ポスティングを外注する場合、専門のポスティング業者に問い合わせれば、町丁別で経験や土地勘のあるスタッフを割り当ててもらえます。希望の条件を気軽に相談してみましょう。

関連記事:ポスティングの平均単価・料金相場についての記事はこちら

 

1日でより多くのポスティングを行うためには?

次は、1日に多くのポスティングを行うための2つのポイントを説明します。

配布条件を狭める

ポスティングを効率良く行うために欠かせないのが、配布条件を狭めること、つまりターゲティングです。例えば、一戸建てではなく、家族世帯の多いアパートや、マンション等の集合住宅に配布を限定した「集合配布」を選択すれば、効率良くポスティングを行うことで、1日の配布数を増やせます。配布コストを抑えることにもつながり、例えば東京都下などの都会は、人口が少ない地域と比べて、配布物の単価が3円近く低くなるケースもあります。1万枚配布すれば3万円変わるのです。

また、ターゲティングの良し悪しは配る枚数だけではなく、配布物へのレスポンス率にも関係します。例えば、高齢者の多い地域に塾の広告を配ってもレスポンス率は高くないのは明らかでしょう。反響をアップし、ポスティングの効果を高めるためには、どのような属性の人々が住んでいて、どのような住宅が多いのか検討し、自社の商品やサービスの商圏に合っているか確認した上で、配布エリアを絞るようにしましょう。

 

配布するスタッフを増やす

ポスティングに人員を割くことで、配布数を増やせます。配布するスタッフを増やすことで、1人1人の負担が減り、カバーできる範囲が増えるため、効率の良いポスティングが可能になります。

一方、配布するスタッフを増やせばそれだけ人件費も増えるため、費用対効果は事前に検討が必要です。配布するエリアや目標枚数と照らし合わせて、最適なスタッフ数を割り当てるようにしましょう。どれだけのスタッフを割けば良いのか、自分ではわからないという方は、ポスティング会社に配布業務を委託するのもおすすめです。

 

 

ポスティングを行う頻度・タイミングの目安は?

最後にポスティングを行う適切な頻度とタイミングを説明します。実際に配布する際の参考にしてください。

 

ポスティングは週に1回程度が目安

ポスティングの頻度は週1回程度が目安です。週1と聞くと少し多いと思われるかもしれませんが、ポスティングは何回も行うことで認知度が高まるため、配る頻度が多くなればそれだけ効果も大きくなります。

また、ポスティングは1度投函しただけではチラシを見られない可能性があるため、配布頻度を上げることで目に留まる回数を増やす必要があります。実際、ポスティングで配布したチラシから顧客獲得に繋がる割合は0.3%程度です。1万部配布して30人しかお客様が来ない計算と言えば、どれだけ配る必要があるかよく分かるでしょう。

しかし、配布回数を増やせば、費用もかかるので、予算と相談する必要があります。予算を減らしながら効果を高めるには、まず配布地域と顧客層のターゲティングを行い、できるだけ見込みの高いと思われるお客様に配るようにしましょう。見込みの高い顧客層は配布前から正確に分かるものでもないため、実際に配布し、レスポンス率によって頻度を調整するのが効果的です。地域によってポスティングの効果が異なるケースがあるので、例えば、レスポンスがある地域は週1、それ以外は月1回の配布するなど工夫しましょう。

チラシ1枚1枚へのレスポンスの有無は、後から使えるクーポンや、WebサイトにアクセスできるQRコードを広告物につけることで測定できます。クーポンやQRコードはお客様を購買へ向かわせる動線になるので、売上増加の目的でもメリットがあります。できるだけ設置するようにしましょう。

 

配るタイミングは週末が好ましい

配布するタイミングは、一般的に週末が好ましいとされています。特にピザなどの、デリバリー系のポスティングなら、ゆっくりしたい金晩や週末のほうが購買意欲は高い傾向にあります。毎週金曜・土曜などに配布すれば、より効果が期待できるでしょう。

ただし、週末は購買意欲の高さゆえに、様々な業者がポスティングを行うため、せっかくポスト投函したチラシが埋もれてしまう危険性もあります。地域や業種によっては、平日の方がレスポンスが多いということもあるため、本当に最適な配布タイミングについては、複数のパターンを試してデータを取り、最もレスポンスの多かったタイミングに集中的にポスティングを行うと良いでしょう。

 

まとめ : ターゲティングすることで効率的なポスティングをしよう!

ポスティングは1日あたりの配布目安は300~1000枚です。しかし、配布する人員の指定や、タイミングの選定、ターゲティングを適切に行えば、効率の良い配布につながる可能性が高まります。効果的なポスティングを実施するにはポスティングの業者に依頼するのも一つの手段です。自社がかけられるコストと相談しながら、効果的なポスティングを実現しましょう。

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル