エリアマーケティングで使える4つの分析手法を紹介!分析が必要な理由も解説

エリアマーケティングで使える4つの分析手法を紹介!分析が必要な理由も解説の画像

「効率的に指定エリアにて売上を伸ばしていきたい」「エリアマーケティングを進める上で必要な分析方法を知りたい」といった思いを持っている経営者やエリアマネージャー、店舗責任者は多いかもしれません。エリアマーケティングを効果的に行う上では「どの分析手法を選んで実行するか」がカギです。この記事では、エリアマーケティングに分析が必要な理由や具体的な分析手法を解説します。ぜひ最後まで読んで販促活動の参考としてください。

この一冊で

エリアマーケティングの全てを網羅

無料ダウンロードはこちら

エリアマーケティングとは

エリアマーケティングとは、サービス提供や商品販売に伴う各種販促活動をエリアごとのニーズや特性に合わせて戦略を最適化させるマーケティング手法を指します「地域密着型マーケティング」と呼ばれ、個々の地域に合わせたマーケティングを行うことです。エリアマーケティングを戦略的に進めるには、人口や地理データなどの統計情報をマッピングしたエリア分析ソフト(GIS)を使います

「エリアマーケティングとは?」について詳しく知りたい方は、こちらの記事で紹介しています。

 

 エリアマーケティングに分析が必要な理由

エリアマーケティングを行うにあたっては、エリアの分析が欠かせません。ここでは、エリアマーケティングに分析が必要な理由を解説します。

顧客の潜在ニーズをつかむ

エリアマーケティングに分析が必要な理由の一つは、顧客が持つ潜在ニーズを正しくキャッチするためです。

一つひとつの商圏ごとに生活を送っている層はまったく異なります。収入の程度、年代の振れ幅、ライフスタイル、家族か独身かなど、商圏内に住んでいる住民はそれぞれに特性を持っているでしょう。

この特性に合わせてサービスを展開しなければ、将来的に結果が伸び悩むことは想像に難くないでしょう。住んでいる層が持っているニーズが異なるためです。ターゲットとなる顧客の状況に合わせて、取り扱う商品や販促方法など戦略を随時見直していく取り組みが重要です。

 

エリアの状態を把握する

顧客の状態をリアルタイムで把握した上で戦略を立てていくためにも、エリアごとの分析は必要です。顧客の特性は日々変化していくものであり、人口の増減や競合の進出などエリア取り巻く状態は日々めまぐるしく変わります。

つまり、半年前に成功した施策が現在も成功するとは限らないということです。変化に敏感になり、情勢に合わせた「今この瞬間に必要な施策」を打つためにエリアマーケティングにおいて分析が必要とされています。

 

エリアマーケティングで使える4つの分析手法

エリアマーケティングを行うにあたっては、出店候補地周辺の情報を集める「出店分析」やどの程度の効果が見込めるかを計る「売上予測・需要予測」などの分析が必要です。それぞれの特徴を知って効果的に販促活動を進めていくため、ここからはエリアマーケティングで使える4つの分析手法を解説します。

 

出店分析

出店分析とは、店舗を出店するにあたって行う出店候補地周辺の分析作業です。これまでに進出したことがないエリアに新規出店を行う際には、当該エリアがどのような特徴を持っているのか、競合はどれほどいて強み・弱みはどこにあるのかなどを知らなければ、顧客の心を掴む施策は打てないでしょう。

顧客のニーズを掴むためにも出店分析は重要な取り組みです。具体的には、物件情報の入手や物件や立地の調査査定、競合店調査などを実施します。出店分析にはGISがよく用いられることも押さえておきましょう。

 

売上予測・需要予測

売上予測・需要予測は、出店候補地での獲得が見込まれる売上や需要を予測する分析作業です。新たに立ち上げる店舗や既存店舗がどれほどの利益を生むのかを詳しく導き出したい際に用いられます。代表的な手法として「ハフモデル」と「重回帰分析」です。

ハフモデルとは、「特定の店舗でユーザーが買い物に出かける確率」を予測するモデルです。ユーザーは「大きい店舗」と「近くにある店舗」を選ぶことを大前提とし、距離や移動にかかる時間、売り場面積、品揃えなどの各種データを計算式に落とし込むことで分析結果が抽出されます。

重回帰分析とは、細かな店舗情報や競合情報など様々な要素がユーザーの行動にどう結びついているのかを数値化して分析する手法です。売り場面積や従業員の数、商品のラインナップ、駐車場の収容台数など数多くの情報をかけ合わせた上で、個々の情報が持つ関係性を導き出します。

いずれも非常に専門性が高い分析手法であるため、独自に進めるには限界があります。商圏分析サービスを提供している企業に依頼すれるのが無難でしょう。

 

販促分析

販促分析とは、チラシ配布やポスティングなどの販促活動を効果的に行うための分析手法です。ターゲットを定めず、やみくもにチラシを配り、ポスティングを行っても充分な効果は得られません。

まずは市場の現状を知った上で顧客が求めているニーズを探り、一つひとつの状況に合わせて適正な広告量を設定する取り組みが重要です。正しく販促活動を行えば、来店客数アップや売上げアップといった店舗活性化に一定の効果をもたらします。

 

顧客分析

顧客分析とは、展開しているサービス内容や商品にとって「優良な顧客」の抽出を行うための分析手法です。商品を多く購入してくれる、継続的にサービスを利用してくれるなど優良顧客の定義はいくつかありますが、長く付き合っていきたい顧客をつなぎ止めるためにどのようなアプローチを行うべきかの参考となります。分析手法としては、デシル分析や RFM 分析が代表的です。

デシル分析とは、顧客を購買金額などをベースとして上位から10等分し、各グループの購入比率や売上構成比を分析する手法です。グループ化することで、注力すべき顧客が明確になります。デシル分析について詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になるでしょう。

 RFM 分析とは、Recency (最近の購入日)、Frequency(来店頻度)、Monetary (購入金額ボリューム)といった 3 つの指標をベースとして顧客をグループ化する手法です。各グループをランク付けすることで、デシル分析と同じく力を入れるべき対象が自ずと浮き上がってきます。

RFM分析について詳しく紹介されている記事がありましたので、参考にしてください。

 

【まとめ】エリアマーケティングで使える分析手法

この記事では、エリアマーケティングを実施して業績を伸ばしていきたいと考えている方向けに、必要性や具体的な手法を解説してきました。どの顧客に注力するか、費用対効果を最大限に引き上げるために必要な取り組みなどを明確にするためにも、エリアマーケティングの実施は欠かせません。現状に合った分析方法、そしてこれからの施策に必要な分析方法を選び取り、地域にて顧客を掴む足がかりとしてください。

エリアマーケティングの成功事例や活用方法についても、下記の記事で解説しています。ぜひ参考にしてください。

エリアマーケティングの成功事例を紹介 やりがちな失敗事例も解説

エリアマーケティングの活用方法とは?具体的な活用例事例と合わせて解説

 

エリアマーケティングの分析を依頼するならDEECHへ

当社では、従来のエリア分析ツールの弱点だった、

  • 機能が多すぎて、結局何をやればいいか分からない
  • 操作方法が難解
  • 動きが遅い

といったことを克服したエリアマーケティングツール「DEECH」(ディーチ)を提供しています。御社の商圏で潜在顧客が多いエリアや世帯年収が高いエリアなど、エリアマーケティングの分析に特化した機能だけを凝縮し、サクサク操作できます。無料トライアル実施中ですので、ぜひお試しください。

 

関連資料のダウンロードはこちら

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード