効率の良い店舗集客の方法は?手法を選ぶポイントを解説!

効率の良い店舗集客の方法は?手法を選ぶポイントを解説!の画像

このコラムでは、効率の良い店舗集客の方法と、その手法を選ぶ際のポイントを解説します。さまざまな店舗集客の方法もご紹介しますが、反響率を高めて効果的に集客を行うためには、ターゲットの設定や施策実施後の振り返りをしっかりと行うことが大切です。ここでお伝えするいくつかのポイントを踏まえて、コストを抑えて集客アップにつながるような、施策の実施に活かしましょう。現在は看板以外の集客方法は行っていない、という方も、ご確認いただき、今後の施策の参考にしてください。

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」

 

店舗集客を行う前に実施しておきたいこと

店舗集客を行う前に、実施しておきたいことが大きく3点あります。ターゲットとなる地域や人物像を明確にすることと、タイミングを見極めることです。例えば飲食店の場合、ラーメン店であれば、単身世帯が多い地域を狙う、ファミリーレストランやピザ屋であれば子供や学生が多いエリア、居酒屋であればオフィスが多く建ち並ぶエリアなどが最適であると想定できます。このように、どのようなエリアと層をターゲットとするかは、施策を行う前に十分に検討する必要があります。以下からその理由とポイントをお伝えしますので、参考にしてください。これらの分析を終えずに集客手法に移ってしまうと、無駄なコストがかかってしまい、効率的な集客にはつながりませんので注意しましょう。

 

商圏範囲を定めて効率良く集客を行う

まずは、商圏範囲を定めることです。エリア分析してターゲット地域を絞れば、効率的な集客が見込めるようになります。例えば、近隣何km圏内の家、などです。商圏外のお客様にアプローチしても、店舗集客にはつながらない可能性があるため、最初は避けた方が無難です。予め商圏範囲を決めれば、店舗集客の方法も選択しやすくなるため、行うようにしましょう。

 

ターゲット層を明確にしておく

次に、どういった人々がターゲットになるのかを明確にしましょう。自社のターゲットとなる層をイメージしておけば、的確にアプローチすることができます。さらに、アプローチするターゲット層を理解できていれば、適した店舗集客の方法を選択しやすくもなります。そうすれば、無駄のないアプローチで集客力の向上につながります。

 

店舗集客の施策を実践するタイミングを見極める

そして、店舗集客の施策を実践…の前に、集客方法の「実施のタイミング」も大切です。例えば、チラシ広告を配布する場合、早朝・昼・夕方などターゲットによって適切な時間帯・配布タイミングが異なります。告知したい対象がスーパーなどであれば、特売日前日に配布すれば、購買意欲を刺激できます。他にも、塾など子どもを対象にした施設の告知の場合は、夏休みや冬休みなど、長期休暇前などに集中的にポスティングを行うことで、効率の良い集客が期待できます。戦略的に実践していきましょう。

 

店舗集客の手法を選ぶポイント

続いて、手法を選ぶポイントについて解説します。手当たり次第に実践して、仮に売上がアップしたとしても、何が効果的に働いて次にどういった施策を行えばいいのか、最終的にわからなくなってしまいます。広告宣伝費のムダ打ちを防ぐためにも、ご紹介するポイントを踏まえて、慎重に検討するようにしましょう。

 

エリアを絞ってアプローチできる手法を選ぶ

集客を効率良く行うためには、エリアを絞ることが重要です。逆に、エリアの指定ができない手法は、店舗集客にはあまり向いていないとも言えます。集客効果を得るためには、ターゲットエリアが指定できる手法を選ぶ必要があるので、念頭に置いて検討してください。ここで注意すべきなのは、ターゲットエリアの設定を誤ると、費用対効果が悪化する可能性があるということ。ターゲット設定は、慎重に行いましょう。

ただし、思い込みで地域を絞り込みすぎてしまうと、チャンスロスになってしまう場合があります。過去に反響が出たエリアなど、データをもとに絞り込みすぎないようにしましょう。

 

効果測定ができる集客方法を選ぶ

店舗集客の効果がわかりやすい手法を選ぶのがポイントです。なぜなら、効果測定をすることで改善につなげられるからです。例えば、Web施策はわかりやすく指標が出ます。オフライン施策でも、DMチラシにクーポンをつけることなどによって測定可能です。効果測定ができない施策を実施してしまうと、その施策が適切だったかどうかわからないため施策選定時には注意してください。予算は限られるため、費用対効果の高い施策を集中して実施するのが望ましいので、PDCAを回せる集客方法を選ぶようにしましょう。

 

顧客がアクションを起こしやすい手法を選択する

顧客のアクション=反応率がわかりやすい手法を選ぶことも大切です。例えばポスティングなどであれば、割引クーポンを付けるといった方法で行動を誘導することができます。お得感を演出することで、ターゲットの来店意欲を掻き立てるため、有効な手段です。最終的に、そのクーポンがどれだけ使用されたかで反応率がわかります。

 

店舗集客を行う方法5選

ここでは、店舗集客の方法を5つお伝えします。オンライン施策としてリスティング広告に出稿する、店舗アプリ開発する、などの方法もありますが、まずは手軽に実施できるものをメインにご紹介いたします。中には無料で行える方法もありますので、各方法の特徴やメリット・デメリットと併せて、自社に合う方法の検討にお役立てください。

 

SNSで若年層にPRする

FacebookやTwitter、Instagramなどのツールを使って、日常的に店舗集客を行う方法があります。撮影して投稿したい、と思わせる「SNS映え」する写真を利用すれば、若年層へのアピールとなり、口コミで拡散されやすい点もメリットの一つです。新規顧客獲得のための手段としてだけでなく、一度来店した顧客をつなぎとめる、リピーターにつなげる手段としても有効だといえるでしょう。継続的に実施することで、より集客効果が期待できます。ただ、SNSは無料で始められる気軽さがあり、多くの飲食店が取り組んでいるため、印象に残りやすくするための工夫が必要です。

 

HPやブログで情報発信する

続いては、店舗情報や商品紹介など、顧客が知りたい情報を自社ホームページやブログで発信することについて解説します。自社サイトがGoogleなどの検索エンジンの上位に表示されれば、安定した集客効果を期待できるようになります。例えば、ユーザーが「新宿 イタリアン」というキーワードで検索した際、上位に表示されるほどユーザーの目に留まりやすくクリックされる可能性が高くなるため、集客に有利になる、といった形です。新規顧客獲得のための手段として向いているほか、リピート顧客が営業時間などを確認する際にも利用されることがあるので、既存顧客にも向いています。

ただ、上位に表示されるようになるには、店舗内や料理の写真を多数掲載したり、口コミを集めるなどで一定数のコンテンツの作成と、SEOに関する知見も必要となってきますので注意してください。

 

独自のイベント開催で認知度を高める

独自のイベント開催をすることで知名度をあげる方法もあります。企画次第で、幅広い層にアプローチすることが可能になりますし、来店するきっかけを作りやすいことがメリットです。ただ、マンネリ化を防ぐためにも、毎回同じテーマではなく、都度オリジナルティ溢れる企画が必要になります。また、現在のコロナ禍では感染拡大を防ぐためにも、同時刻にたくさんの人が集まって「密」を作るようなイベントは避けた方が無難です。

 

DMでターゲットに直接アプローチする

DMは、ターゲットに直接郵送することで、来店のきっかけを生み出すことができる手法です。「住所を知っている既存顧客に対するアプローチ」となるため、特に新商品を販売するタイミング、期間限定のセール時などに有効に活用できます。リピーターを作りたいときにおすすめの手法です。

さらに、DMは印刷物以外にも試供品やサンプルを発送できることがメリットです。ターゲットに、興味がありそうなサンプルを送れば、購買の来店につなげやすくなります。顧客に商品が自分に合うかどうか確かめてもらうことで、興味はあるが購入に踏み切れないお客様の決断を後押しできます。このようなサンプルを提供する手段はいくつかありますが、中でもDMは購買意欲の高いお客様にまとめて送ることで効率良く配布できるため、費用対効果が高くなる傾向にあります。

 

ポスティングをきっかけに店舗を知ってもらう

商圏範囲内の住宅にポスティングすれば、店舗を認知してもらいやすくなるため、検討してみてください。DMと違いデータのない顧客にも送付できるため、店舗や自社サービスを知らない人へも情報を伝えられることがポスティングのメリットです。そのため、新規顧客を集客するのに向いています。ただ、新規顧客を多く獲得したいからと無作為に配布していると、集客効果は低くなり十分な反応率が取れずにコストパフォーマンスが悪くなってしまう可能性があります。チラシもすぐに捨てられてしまうケースもあるため、ターゲットに合わせて興味を引く内容を盛り込むことが必須です。また、「商圏範囲を定めて効率良く集客を行う」でお伝えしたとおり、配布するエリアやターゲットの設定が大切です。

 

店舗集客を行う上での注意点

前述した店舗集客の方法を行うにあたって、注意したい点もいくつかお伝えします。実際の集客施策の運用方法での注意だけでなく、考え方にも留意していただきたい事がありますので、施策実施前にご確認いただくことをおすすめします。

 

SNS利用による炎上に注意する

SNSでの発言は慎重に検討する必要があることをお伝えします。簡単に登録できてしまうからといって、投稿も軽い気持ちで行ってはいけません。顧客へ不快感を与える投稿を行わないように配慮することが第一です。万が一炎上してしまうとブランドイメージの悪化を招くことになりますので、投稿したものはWEB上にずっと残ってしまうということを念頭に置き、活用方法には注意するようにしましょう。

 

店舗によって適した集客方法は異なる

集客方法の選択を間違えると、費用対効果が十分に得られない可能性があります。その対策としては、ターゲット層に合わせて店舗集客の方法を選択することです。若年層を狙いたいのかファミリー層を狙いたいのか、ネットリテラシーはどのくらいの人々に来てほしいのかなどです。そして、単純に他店舗の集客方法をまねるだけでは効果が望めないケースがあることを念頭に置き、自社のサービスに合った独自の集客方法を組み合わせていくようにしましょう。

 

集客効果がすぐに出るとは限らない

店舗集客の方法を実践してもすぐに効果が表れるとは限りません。集客方法によっては効果が表れるまでに時間がかかるケースもあることを覚えておいてください。しかし集客がないことには立ちいかなくなってしまうことも事実。その対策として、短期的に成果の出やすい施策と長期的に継続が必要な施策を組み合わせると良いでしょう。例えば、即効性のあるポスティングやDMで集客しつつ、SNSやHPへのコンテンツ投稿でファンを作るなどの組み合わせです。

このように、オフラインとオンラインの施策のメリットを掛け合わせて、デメリットを補い合う戦略を「クロスメディア戦略」と呼びます。複数のメディアで展開することで、ユーザーの目に留まるチャンスも増えることになります。1回の集客施策で反響が出なかったからと決めつけてしまわず、ポスティングであれば複数回まく、ウェブ広告であればキャッチコピーを変えてみる、など中長期的に改善を重ねていきましょう。

 

効果的に店舗集客を行うためのコツ

最後に、効果的に店舗集客を行うためのコツを3点お伝えします。自社の強みを改めて考え直す必要性とその理由や、チラシを始めとする配布物への工夫などを紹介します。コツを抑えて実施を続け、最終的に自社に合った、費用対効果の高いやり方を見つけ出してください。

 

店舗の強みをPRする

集客方法を実践するときは、自社店舗の魅力をアピールすることが重要となります。新規のお客さんの獲得や、再来店を促進するためには、「自社を選んでもらう」理由を作る必要があるということです。例えば、飲食店であれば店舗限定のメニューを開発するなど、競合企業の成功事例も参考にしながら自社の強みをブラッシュアップしていきましょう。

 

配布物には店舗の写真やイラストを盛り込む

DMやポスティングなどの販促を行う場合は、配布物にも工夫をしましょう。特に実店舗の宣伝広告の場合は、どのような店舗なのか写真やイラストを付ければ現地に着いたときに店舗を見つけやすいのでおすすめです。文字だけの住所だけではわかりにくいと感じる方も多いため、簡易的なマップを付けるのも効果的なので取り入れてみてください。

 

集客施策は日々改善を行う

最後に、お伝えしたいのは、集客施策を行ったからといって、はじめから高い効果を得られるわけではない、という点です。集客施策は繰り返し、改善を行うことで徐々に成果が上がっていくものです。集客アイデアを実践する前と後で、どの程度売上が向上したかなど確認するようにしましょう。分析することで費用対効果を明らかにできますし、集客効果によってその集客アイデアを継続するかどう改善するかなど判断することができます。マーケティングに活きるPDCAサイクルを回しながら、成果が出なかったときほど、要因を分析して次につなげるようにしましょう。

 

効率の良い店舗集客の手法と選ぶ際のポイント まとめ

ここまで、店舗集客のアイデアとその手法を選ぶ際のポイントを紹介してきました。まず大切なのは商圏範囲とターゲット層を明確にすることです。手法を選択する前にそこを明らかにしなければ、結果的に無駄なコストがかかってしまったり、思っていたような結果が出ない、ということがありますので、事前にしっかりとターゲットも見極めることをおすすめします。そして、施策はそこで明確にした商圏範囲をメインでカバーできるものを選ぶようにしましょう。最後に、施策の効果は良い時も悪い時も、なぜそうなったのかを分析することも重要です。集客は一日にして成らず、です。お伝えした他のポイントも踏まえて、効率的な店舗集客を実施しましょう。

 

【関連資料 無料ダウンロード】

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」
無料 資料のダウンロードはこちら 「エリアマーケティングハンドブック」 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード