オフライン集客とは?メリットや方法について解説!

オフライン集客とは?メリットや方法について解説!の画像

このコラムでは、オフライン集客のメリットと、各方法について解説していきます。それぞれの特長を生かして実施することで、新規顧客の獲得と既存顧客のリピートを一貫させた、より有効な集客手段となります。

オフライン集客のメリットやデメリットや、具体的な手法の実施時のコツだけでなく、おすすめしたいサービスの特長も紹介しますので、集客手法ご検討の参考にしていただければ幸いです。

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」

 

オフライン集客の主な方法

オフラインでの集客とは主にどのような施策があるのでしょうか。看板や、フリーペーパー、雑誌への出稿もオフライン集客の一種ですが、費用対効果を鑑みて、当社がおすすめしたいポスティング、DM(ダイレクトメール)、イベント開催の3つの手法を紹介します。

 

ポスティング

建物の郵便受けなどに広告を配布する「ポスティング」。ポスティングには、配布する地元エリアの集客に効果が期待できるという大きなメリットがあります。また、企業を身近に感じてもらうきっかけになることもあり、比較的反響率が高い集客方法です。そして、ポスティングは、特定の住所に宛てた郵便物としてではなく、基本的にポスティングの専門業者などによって手作業で広告が配布されます。そのため、配布できるのはチラシを始め、封筒タイプのものやノベルティを付けた物など、高い自由度もがあることも特長のひとつです。

新聞の折込チラシと比較されることが多くありますが、近年特に若年層の新聞購読者減少により、折り込みチラシは効果が限定的になりつつあります。また、Webアプローチも普及していますが、一方で競合も多く、自社の広告に注目を集めることは簡単ではない状況です。そうした中、必ずユーザーの手元に届くポスティングが、改めて見直されています。

 

 

DM(ダイレクトメール)

「DM(ダイレクトメール)」は顧客の住所に向けてハガキなどの印刷物を送付する集客手法です。顧客に知らせる目的で、ハガキやカタログ冊子を使い、主にセール情報や限定クーポンなどを郵便で配布する方法です。郵送するということは、送り先の住所を知っていなければできないため、自社に顧客の情報がストックされている顧客が送付対象になります。リストの中からターゲットを絞って郵送すれば、効果的な集客を期待できます。サービスに応じたターゲットにマッチするデザインや広告内容にすれば、顧客の興味を引くことができるでしょう。

そのためには印象に残るキャッチコピーや、ニーズを把握したクーポンを付けることが集客のポイントとなります。例えば、一度問い合わせをくれた見込み客に向けての情報なのか、もしくはすでに商品を購入したがリピーターにはなっていない人に向けて宣伝したいのか、など、どのような人に何をフックに集客をするのかを明確にするようにしましょう。

 

イベント開催

「イベント開催」も集客手法のひとつです。不特定多数の集客に効果が期待できます。どのようなサービスを提供しているのか、実際に顧客に示すこともできますし、リアルに接客をすることで企業の信頼性を高めることにもつながります。例えば、不動産業界では、内覧イベントや展示会、住宅ローンセミナーなどを行っています。さらに、来場特典として「アイスのつかみ取りができる」や、「クオカードがもらえる」などを告知しておくことで呼び水となり、もともとは不動産に興味がなかった人をも集客することも可能です。物件購入を意識していなかった層も、実際の展示を見たり、月々の支払いをシミュレーションすることで、ニーズが顕在化することもあります。

ただ、現在は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、できるだけ非接触での接客手法が推奨されています。そのため、本コラムでは以降のオフライン集客については主にポスティングやDMを中心に解説してまいります。

 

オフライン集客(ポスティング・DM)のメリットは?

ここでは、「オフライン集客の主な方法」で紹介した中から、非接触での手法である「ポスティング」「DM(ダイレクトメール)」について、共通のメリットを解説していきます。かかるコストや注意したいポイントについてもお伝えしますので、実施ご検討時の参考にしてみてください。

 

製作コストが安い

印刷代はかかるものの、トータルでは比較的コストを抑えて実施できることが大きなメリットです。一からホームページを作成するより費用や手間はかかりませんし、検索エンジンのリスティング広告を行おうとすると、貴社内にデジタルマーケティングの部署を設立する必要も出てくるかもしれません。そこまでの工数はかけられないという方にはオフライン集客がおすすめです。ただ、チラシや郵送物のデザインにこだわると費用はかさんでいくので注意が必要です。

 

顧客の比較する対象が地元の同業者に限られる

「顧客の比較する対象が地元の同業者に限られる」とは、イコール競争率が低いということです。オンライン集客の場合は、インターネット上にある全国の店舗が比較対象になります。とはいえ地元の同業他社との比較で、より良い、と思ってもらえるように、差別化で自社の強みをアピールしていきましょう。

 

オフライン集客(ポスティング・DM)のデメリットは?

ここでは、「オフライン集客の主な方法」で紹介した「ポスティング」「DM(ダイレクトメール)」について、共通のデメリットを解説していきます。貴社の伝えたい情報を端的に届けるためのコツや、クレーム等につながらないように注意すべきポイントについてもお伝えしますので、実施ご検討時の参考にしてみてください。

 

伝えたい内容を絞る必要がある

チラシや広告に載せることができる情報には限りがあります。そのため、伝えたい情報をそのまま入れすぎると、読みにくくなってしまうことが往々にしてあります。なぜなら、情報量が多いと読者も途中で読むことをやめてしまう可能性があるからです。情報を整理するための手法として、箇条書きを用いると整理された印象になるため、おすすめです。

このように掲載する情報は、「キャッチコピー」や「サービス内容」など、重要度の高い情報に絞ることが大切です。読み手にわかりやすい内容になっているかどうかを客観的にチェックしながら、情報は整理して短く簡潔に伝えるようにしましょう。さらに、伝えたいことは紙面の上部に配置したほうが人の目に留まりやすいなどの規則性を利用したり、フォントや画像のサイズなどのデザインも工夫してみるといいでしょう。

 

内容変更が必要な場合は手間とコストがかかる

ポスティングチラシや広告などの制作物は、完成した後は簡単に修正することができません。修正に必要な費用が高くつく可能性があります。特に、大量に製作して使いまわすような運用を検討している場合は内容に間違いがないように十分注意して進行するようにしましょう。配布物に誤りがあるとクレームにつながるおそれもありますので、ダブルチェックの徹底など、進行管理の手順なども工夫してみてください。

 

オフライン集客(ポスティング・DM)を成功させるポイント

ここでは、「オフライン集客の主な方法」で紹介した「ポスティング」「DM(ダイレクトメール)」を成功に導くポイントを解説していきます。より効率的な集客につながるコツを3点お伝えしますので、ポイントを抑えて効率的なオフライン集客の参考にしてみてください。

 

集客の目的を明確にする

まず「集客の目的を明確にする」ことです。「新規顧客を増やしたい」のか、「リピート率を向上させたい」なのか等、具体的な目的であるほど、チラシや広告の内容を決めやすくなります。ターゲットに合わないチラシを作成してしまうと、受け取っても「自分には関係ない」「必要がない」と思って捨てられてしまうのでポスティングが無駄になってしまいます。ターゲットが「自分のこと」として興味を惹かれるようなチラシ作りを心がけましょう。ターゲット層とゴールを決めれば、どこまでどのように集客すれば良いのか判断することができます。

 

ターゲットやエリアを絞る

「ターゲットやエリアを絞る」ことによって効率の良い集客が期待できます。コストや手間を省きやすいこともありますし、反響率が高いオフライン集客が有効です。例えば、家族向けなら新築の一軒家や、ファミリー向けマンションを中心に配布する、単身世帯向けのサービスを宣伝するなら単身者向けの集合住宅を中心に配布するというように、ターゲット層によって商圏や配布方法も変わってきます。

自社のサービスにとって最適なターゲットは誰か、そしてそのターゲットが多くいるエリアはどこか、事前にリサーチを重ねて決定することが大切です。

 

独自のクーポンをつける

「独自のクーポンをつける」ことが、成功率向上に寄与します。特に「集客の目的を明確にする」で決めたターゲット層に対して、お得にサービスを利用できるような仕掛けを作ることが大切です。気軽に足を運ぶ理由が生まれるだけでなく、購買意欲が向上するため、集客のその先の結果にまでつながる可能性も高くなります。

また、クーポンをつける際には、通常に比べてどれくらい割引になるのかを、わかりやすく明記しておきましょう。さらに、ペアで使えるクーポンを配布して、家族や友人を招待しやすくするという方法もおすすめ。クーポンによって来店する人が多いほど、口コミで評判が広がる可能性が増えます。新規顧客の獲得にもつながるので、チラシにクーポンはできるだけつけるようにしましょう。

 

オフライン集客するならDEECHにお任せ

ここまで読んで下さり、オフライン集客を試してみたいと思ったものの、「どこから始めればいいのかわからない」、というお悩みも出てくるかもしれません。そのような方々にご紹介したい弊社のサービスがございます。それは、ポスティングの業務効率と、反響率を高めるために特化した機能が凝縮されている「DEECH」。どのような特長があるかも含め説明しますので、ぜひ導入をご検討いただき効率のいいオフライン集客につなげてください。

 

1週間無料トライアル実施中

弊社のサービス「DEECH」では、現在、「1週間の無料トライアル」を実施しております。この期間は無料でサービスを実感してもらえますので、ぜひ活用していただきたいです。自動で費用が発生する心配もありませんので、期間中に自分の目的に合ったサービスツールなのか確認してみてください。

1週間の無料トライアルはこちらからお申込みいただけます。

 

ポスティングのデジタル化で発注業務を1/3に短縮

「ポスティングのデジタル化で発注業務を1/3に短縮」することができることが特長のひとつです。DEECHのサービスを導入することで業務効率が向上するため、皆様は他の業務に集中していただけます。このように従業員の負担が軽減されるだけでなく、知見のある弊社と協力していきながら、戦略的なポスティングを実現することが可能です。

 

23都道府県で対応可能

DEECHのサービスは、ポスティング対応地域なら、見積もりとご発注に対応しております。「ニッチなエリアなのできっと難しい」などお考えの方々も、万が一未対応地域でもご相談を受け付けておりますので一度お気軽にお問い合わせください。

 

DEECHならオフライン集客の3つのムダを省く

ここでは、実際に弊社のサービス「DEECH」が、どのような「ムダ」を省くことができるのかを解説します。集客手法で余計な時間を省いていくことができれば、その時間で貴社のブランディング向上や、新規事業の構想などほかの対策にご使用いただける時間を作ることができるはずです。自社で行うとどのくらいの時間がかかってしまいそうか想像しながら確認してみてください。

 

発注時間のムダを省く

チラシを届けたいエリアに関して、「Googleマップから投函したい場所」を選択することが可能です。選択するだけで見積価格も同時に反映されるので、条件が一致すれば、そのまま発注していただくことも可能です。地図上で円を書いて、その範囲内にどの程度配布可能な建物があるのか、それはどの程度の枚数が必要になるのか、その場合いくらかかるのか、自社内で全て調べることは非常に時間がかかるものですので、DEECHのサービスでカバーすることをおすすめします。

 

配布エリアのムダを省く

ターゲティングで大切なのは属性の新鮮さです。DEECHでは住民基本台帳データが搭載されているのでフレッシュなデータを元に分析や販促計画を立てることができます。1歳刻みでも属性を抽出することができる「商圏分析機能」が搭載されているため、ターゲット抽出が容易に対応することが可能です。その機能によってムダなくポスティングを行えるため、高い反響率を期待できます。

商圏分析機能は、繰り返し利用することで販促策の費用対効果を最適化していけるツール。自社の分析レベルに合わせて機能性を選択できるものを最初に導入されることをおすすめします。何度も使用することでターゲット分析にかける時間を減らしていけます。

 

販促会議の時間のムダを省く

貴社の「販売促進会議の時間を短縮、割愛することができる」点もお伝えしたいです。DEECHはExcelデータを使って販促効果の見える化を図れるため、どのエリアで販促効果があったのか視覚的にわかります。その結果、エリア戦略が立てやすくなるためPDCAサイクルも回しやすくなります。また、DEECHではご発注ごとに、投函部数、投函エリア、投函したチラシのデザインがデータで蓄積されるため、属人化を防ぐことにも役立ちます。

 

オフライン集客のメリットや方法 まとめ

当社の推奨するオフライン集客、「ポスティング」「DM(ダイレクトマーケティング)」についての特徴やメリット、デメリットについておわかりいただけましたでしょうか。基本的にポスティングは新規開拓、DMは既存顧客へのリピートに効果がある施策で、目的によって使い分けることが必要です。ただ、ポスティングは不特定多数に届けることができる分、クレームにつながりやすいため、経験豊富なポスティング会社に依頼するのがおすすめです。ポスティング発注工数を従来の1/2に短縮するツール「DEECH」であれば、1週間無料でご利用いただけるほか、万が一のクレームやトラブルにも迅速かつ真摯に対応いたします。

ブラウザ上で商圏分析しながらエリア選定し、そのままワンクリックで発注できる商圏分析ツールなども利用できますのでポスティング発注業務を格段に効率化することが可能です。毎月のようにポスティングを発注する企業様には特におすすめしたいサービスです。

それぞれの特徴を踏まえて、より反響の出るオフライン集客方法を実施してください。

 

【関連資料 無料ダウンロード】

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」
無料 資料のダウンロードはこちら 「エリアマーケティングハンドブック」 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード