チラシに集客効果は見込める?メリットや効果測定の方法

チラシに集客効果は見込める?メリットや効果測定の方法の画像

近年、Webを用いたマーケティングや広告の市場が右肩上がりであることから、Web上のチラシからクーポンなども普及していますが、一定の地域に絞って集客を行いたい時に折込チラシやDM、フライヤーの利用を検討する企業も多いでしょう。しかし、チラシを用いた集客方法や効果測定方法が分からず、導入が億劫に感じている方も多いのではないのでしょうか。本記事では、チラシ広告やDMなどを検討している方に向けて、チラシがもたらす集客効果やメリット・デメリットにくわえて、チラシを用いた集客方法を紹介します。

 

チラシ集客のメリット・効果とは?

チラシはWeb広告の管理画面の見方や運用の手間を省ける、導入障壁が低い宣伝手法のひとつです。

また、特定の地域に集中した情報発信ができることにくわえ、短期間で特定地域に情報拡散や集客効果を狙える手段である。また、受け取った側も破棄しない限り、何度も情報を読み返すことができるというメリットがあります。

一定の地域に集中して売上向上を図りたい実店舗経営をしている企業は、これらのメリットを詳しく把握してチラシの導入を検討すると良いでしょう。まずは、チラシ集客のメリットや効果を知りましょう。

 

狙った地域に向けて情報発信できる

チラシはポスティングや新聞折込などで配布することが多く、特定の地域に集中して商品認知を行えるため、地域特化型の店舗や徒歩圏内で来店する顧客に訴求を行う時に有効です。

また、配布地域は売上向上をしたい店舗に自転車や徒歩で立ち寄れる距離に設定すると、読み手の入店障壁を下げてやすくなります。新規店舗で商圏を把握したい方にもチラシやフライヤー、DMを用いた集客方法にもおすすめです。

 

何度も読み返しができる

ランディングページを用いたWeb広告などは、広告の場合は、一度ユーザーが広告を見逃すともう一度視認させる機会を失いがちです。

一方、チラシは紙媒体のため、顧客は情報を何度も見返すことができます。セール期間や読み手にとってメリットになるお得な情報を記載することで、後日の問い合わせ率や保存率が高まりやすくなるのもポイントです。

 

短期間で集客効果が望める

チラシはWebサイトやSNSと違い、サービスを介さず読み手に直接情報を届けることができるため、短期間で消費行動や集客につなげられるのに加え、指定日にタイムリーな情報を一気に配布できます。

タイムリーな情報を手元に残りやすい紙にして届けることで視認性や情報の読み返しにつながるのも魅力。セールや新発売の日に配布することで、より高い集客効果も期待できます。

配布日や印刷予定日は、読み手がチラシを受け取って来店するまでの日程を逆算して決めましょう。デザインや印刷を自社で行わない場合は、予め印刷業者のスケジュールを確認して用意することも忘れないようにしてください。

 

チラシの効果測定を行うためのコツ

チラシは短期間で一定の場所にある店舗の売上を向上させるのに適していることをお伝えしましたが、Web広告と異なり来店者数や購入率などの効果測定をするのが難しくなります。

しかし、チラシを配布した後の分析や確認も行うことと、予測売上や反響率を算出することもできるのです。配布時の日付や地域、費用対効果などの配布から売上後の情報を見ながら効果測定を行いましょう。

ここからは、配布したチラシで効果測定を行うコツを紹介します。

 

配布した日付や地域は把握しておく

まず、チラシを配布した後はいつ、どの地域にどれくらい配布したかを記録しましょう。反響があった際に、どのエリアからの反響だったのか、といった細かな情報を残せば、効果測定時に反響率の算出もしやすくなります。

また、チラシを配布日の効果も曜日や配布日によって効果が異なるケースがあります。各ゴールに合わせて配布日を変えて効果測定を行うと、店舗やユーザー層に合わせてチラシを用いた宣伝を行えるでしょう。

 

チラシの費用対効果を分析する

チラシを配布した時、売上の違いに目が行きがちですが、費用対効果も分析することが大切です。効果分析は短期的な変化と長期的な変化、2つの目線で見て分析しましょう。

まず、短期的な変化の効果測定は配布前と配布後の売上の比較を見ましょう。また、チラシ配布後にWebサイトの流入数やSNSの反響数を見ると認知や販促に繋がっているか見ることができます。店舗名と地域名で検索をかけた量や、セールの投稿を行った際の反響数・反響率が上がっていればチラシの認知効果が寄与されたことになります。

長期的な変化を効果測定する際は、作成から配布に対する費用対効果や、配布後の来店数を確認するといいでしょう。

関連記事:ポスティングの効果を高めるエリア選定 費用対効果が高まる必須ポイントを解説

 

配布時期や地域ごとの反響率を算出する

チラシの反響率は配布する時期や地域によって異なります。反響率が高い配布時期を分析し、タイミングを見極めて配布すると、より高い集客効果が望めます。

配布時期は前日と当日の配布で効果を比較したり、競合店舗のセール時期の少ない日に目立たせたり、多い日に入れて比較させたりして見極めるのもおすすめです。

地域性に合わせて配布方法を変えるのもおすすめです。高齢者層が多い地域や、紙新聞をとっている住民が多い地域をターゲットにする場合は、新聞折込チラシを配布することも検討してみて下さい。

上記のように、チラシを配布した際のデータを参考に反響率を算出できるようにしましょう。

 

 

チラシの効果を把握するための反響率の計算方法

ここまででチラシの効果測定を行うコツや、必要なデータをお伝えしてきました。

Web広告の場合はランディングページのクリック数やリーチ数など、管理画面で確認して効果を測定できますが、チラシはデータ計測ができないと考えたことはありませんか?実は、チラシも配布部数や掲載商品の売上個数効果測定のために反響率や予測売上を計算すると算出できます。

ここからは、チラシの効果を把握するために必要な反データの計算方法をチェックしましょう。

 

反響率の算出方法

チラシの反響率は「反響数÷配布部数×100(%)」の計算式で算出できます。例えば、チラシを1,000枚配布して掲載した商品が50個売れた場合、反響率は0.05%になります。

 

反響率が50件・配布部数1,000枚の場合の計算式

50(件)÷1,000(枚)×100%=0.05%

 

事前に配布枚数と掲載商品の売上個数を記録して、反響率を計算しましょう。アンケートを配布した時は、回答率の算出も忘れないでください。

 

チラシによる反響率の平均

チラシの反響率の目安は商材によって異なりますが、0.01%〜0.3%程度と言われています。3万枚配布した場合、反響数が3〜90人程度出ることを目標に、配布日程やレイアウト、デザイン決めを行いましょう。

また、反響率に顧客単価をかけることで売上も想定できます。想定売上がチラシの発行予算を下回らないように作成や配布を行うことを心がけると赤字を防げます。

不動産、スポーツジム、学習塾、飲食店など業界別の反響率はこちらで紹介しています。

 

効果を検証する期間の目安

チラシの効果を検証する場合は、チラシを配布してからおよそ2週間程度が経過してから検証するといいでしょう。チラシに掲載している商品・サービスにもよりますが、情報に触れてから次の行動を起こすまでに「検討」する期間があるためです。チラシ配布完了直後に検証してしまうと、まだ検討段階の顧客が反響に含まれなくなってしまいます。

特に、イベント集客用のチラシは配布後2週間かどうかに関わらず、イベント期間が終了してから検証しましょう。

 

チラシは各数値を記録して効果測定をしながら配布を行おう

今回は、新聞の折込やDMを用いた集客や売上向上を検討している方や、チラシ作成を検討している企業にむけて、チラシのメリットやデメリット、配布時時のポイントや効果測定の方法をお伝えしました。

近年、SNSやWeb広告が盛んになり、情報がシェアで拡散されて売上向上する事例も多く見られますが、チラシは短期間で集中的に売上向上や新規顧客の獲得、商品訴求を図りたい企業や店舗におすすめです。

今回紹介した内容を参考に、効果的なチラシを用いた売上向上を検討してみてください。

 

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」
無料 資料のダウンロードはこちら 「エリアマーケティングハンドブック」 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

 

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル