ポスティング効果は曜日によって違う?レスポンス率を向上させるコツ

ポスティング効果は曜日によって違う?レスポンス率を向上させるコツの画像

ポスティングをするにあたって、より多くの反響を得るためには何曜日にすればいいのか迷われる事が多いと思います。実際に、ポスティングにおいて効果的な曜日は業種ごとに異なり、流通業や飲食店など、商品やサービスのジャンルによってどの曜日を選ぶかで効果や反応が変わってきます。今回は、業種別にポスティングの効果が得られやすい曜日と、ポスティングで反響を狙うために最適な曜日を選ぶコツを紹介します。

 

 

ポスティング効果が高い曜日や時間帯はいつ?

曜日ごとにポスティングに適した業種は異なりますが、一般的にベストだと言われている曜日や時間帯があります。それぞれ紹介していきます。

ポスティングは土曜日がおすすめ

ポスティング効果が一般的に高いのは土曜日です。休日は比較的時間に余裕のある家庭が多く、その中でも翌日が日曜日で休みの人が多いため、人々がポストに投函されたチラシを手にとって見てくれる可能性が高く、行動につながる確率が平日よりも高いです。
平日に配布した場合、一時的に興味を引けたとしても次の日も勤務で忙しく、行動につながりにくいのであまりおすすめではありません。

 

新聞折り込みの時間帯は避けた方が良い

新聞折り込みに紛れるとポスティングしたチラシが見られない可能性があります。そのため、ポスティングをする時間帯は午前から午後1時までがおすすめです。なぜなら、一般的に朝刊は朝6時までには配達が終わっていて、午後1時ごろから夕刊が配達され始めます。新聞の朝刊や夕刊の配布時間と重ならないようにするためです。

 

早朝や深夜の配布はできるだけ避ける

ポスティングの時間帯によっては住民の迷惑になる可能性があります。早朝や深夜にポスティングをすると住民から不審者扱いされ、自社への信用が失われる恐れがあるので注意しましょう。必要性がなければ早朝。深夜のポスティングは避けるのが望ましいです。

 

業界別 ポスティングの効果を得やすい曜日は?

一般的にはポスティングに適した曜日は土曜日と書きましたが、実際は業種、職種ごとに効果的な曜日は異なってきます。今回は、

・教育、教養関連
・金融、保険関連
・不動産業関連

の3つについて、それぞれ業種別に解説していきます。

教育・教養関連は月曜日から水曜日

学習塾や自動車学校などの教育、教養関連は月曜日から水曜日がチラシ配布の割合が高いデータがあります。休日よりも週初めの方が何かを始めたいという意欲が湧きやすいため、週初めに配布することが多いです。
一方で、金曜日や土日は週初めに比べるとレスポンス率が低い傾向があります。

金融・保険関連は火曜以降の平日

銀行や生命保険などの金融、保険関連は火曜以降の平日が最適です。商品やサービスの性質から、休日を過ぎてからの方が堅実的な気持ちが高まる特徴があります。
月曜日はまだ週末の気分を引きずっている可能性があるので、金融、保険関連のポスティングはあまりおすすめではありません。

不動産業関連は土曜日

マンションなどの不動産業は時間のある土曜日に来店したり現地に足を運ぶ人が多いため、土曜日にチラシの配布枚数が多くなります。一方で平日はサラリーマンも主婦も時間に余裕がない人が多いため反響率が低い傾向があり、あまりおすすめではありません。

 

ポスティングを効果的に行うためのコツ

ポスティングをより効果的に行えるコツとして、次の3つがあります。

・自社に適切な曜日を見極めてポスティングする
・チラシが少ない日にポスティングする
・同業種のチラシが多い日は避ける

それぞれ詳しく紹介していきます。

自社に適切な曜日を見極めてポスティングする

業種によってはチラシに対するレスポンス率が曜日によって異なります。ポスティングの曜日を意識したことがないという場合は前述のように、業種ごとに適切な曜日にポスティングすれば、より集客効果が望めます。どの曜日のポスティング効果が高いか、消費者の行動の傾向を考慮して見極めましょう。ポスティングが効果的な曜日がわからないといった場合は、ポスティング会社に相談したり、仮説、効果測定、検証をしてPDCAを回し、効果を得やすい曜日を特定していくといいでしょう。

 

チラシが少ない日にポスティングする

自社のチラシを目立たせたい、新聞折込チラシに埋もれさせたくない場合は、チラシの総配布数が少ない曜日を狙う方法があります。具体的には月曜日と木曜日はチラシが少ない傾向にあります。月曜日は平日の問い合わせや集客を希望する際におすすめで、木曜日は週末に向けた集客を希望する際におすすめです。チラシが少ない方が自社のチラシが埋もれ、詳細が見られず捨てられる心配が少ないため、チラシを見てもらえる可能性が高くなります。

 

同業種のチラシが多い日は避けるのも手

自分のチラシを目立たせるための戦略として、同業種の配布枚数が少ない曜日を狙うという方法もあります。もしも地域に競合他社がいる場合、同業種の折り込みチラシが多いと自社のチラシを見てもらえない可能性があります。業種傾向に従って同じ曜日にポスティングすると、サービス面や価格面で比較されやすく、デザインのインパクトによっては負けてしまうことがあります。
競合が何曜日にチラシを配布しているかをリサーチし、あえて同業のポスティング業者チラシ配布日とは異なる曜日にポスティングして埋もれにくくしましょう。同業種と同じ曜日を避けることで、もしも見た目がインパクトを与えられないものであったとしても、並べて比較されることは回避できます。

 

ポスティングに効果的な曜日 まとめ

ポスティングは限られたエリアに対して満遍なく情報を届けることができるため、地域集客にとても有効な宣伝手段の一つです。その中でも曜日とポスティングは密接な関係があり、適切な曜日を選ぶだけでその効果アップが見込めます。一般的に早朝や深夜を避け、新聞が配達されないタイミングや土曜日がおすすめですが、業種別にポスティングの効果が得られやすい曜日はそれぞれ異なるので、自社のサービスや商品が最も効果のある曜日をしっかり見極めてポスティングをするのがいいでしょう。チラシが少ない曜日や同業種がチラシを配布しない曜日なども考慮するのがおすすめです。配布方法や配布エリア、デザインや印刷の仕方などと共に、配布日の曜日も考慮してさらなる集客率アップを狙いましょう。

無料_672x508 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル