デイサービスの集客にポスティングは効果的?配布場所とデザイン例

デイサービスの集客にポスティングは効果的?配布場所とデザイン例の画像

このコラムでは、デイサービスの集客方法としてポスティングが有効である理由を解説しています。2020年から2021年にかけて外出制限などで在宅の時間も増える中、介護の負担を感じている人も増加していると想定できます。今後は、デイサービスなど介護施設を含めた介護事業の需要も、今まで以上に高まることが期待できるでしょう。そのようなターゲット層に向けて、有効にポスティングを実践し売上アップにつなげるコツについてお伝えしていきます。後半では、ポスティングチラシのデザイン例も紹介しているので、実際にチラシを作成する際にはぜひ参考にしてみてください。

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

デイサービスがポスティングを実施する効果とは?

ここでは、デイサービスがポスティングを実施する2つの効果についてお伝えします。集客を目的とした宣伝の手段として、反響の得やすさや費用対効果の高さからも、ポスティングはおすすめです。

 

要介護者から直接連絡が来る

ポスティングのメリットとして、実際にポスティングのチラシやパンフレットを見た要介護者の家族から、直接電話で質問などの問い合わせが来る点が挙げられます。デイサービスを知らない層からリアクションが来る場合もあるので、ポスティングの反響を実感することができるでしょう。ただ、「入居すれば健康になる」などといった誇大広告にはならないように、配慮する必要があります。

また、デイサービスの詳細を確認しようと、インターネットで施設のホームページや会社のブログにアクセスする人は多いです。そのため、施設のwebサイトは事前に見やすく整備しておきましょう。オフラインのポスティングと、オンラインのwebサイトで施設の情報を発信することによって、よりサービスを身近に感じてもらうことができます。

 

費用対効果が高い

デイサービスは、ポスティングの費用対効果が高い点も特長です。なぜなら、サービスの長期的な利用が想定されるため、顧客単価が高いからです。よって、1人顧客を獲得すれば、利益に期待ができるでしょう。チラシの内容次第では、印刷代などを低コストに抑えられる可能性もあります。次の章でお伝えするいくつかのポイントを押さえながら、費用対効果の高いポスティングを目指しましょう。

 

デイサービスのポスティング効果を高める方法

ここでは、デイサービスのポスティング効果を高める3つの方法についてお伝えします。デイサービスのチラシには、契約者となる家族にメリットを訴求する情報が盛り込まれているかどうかがポイントになります。他施設と比較・検討しやすいように、施設の雰囲気や特長をわかりやすく記載することが大切です。

 

家族視点の情報を盛り込む

デイサービスは、デイサービスが必要な本人ではなく、家族が利用を決定することが多いです。なぜなら、介護は家族の精神・身体的な負担になっている可能性があるからです。そのため、ポスティングチラシの内容は、家族を対象とした、家族視点の介護サービスや施設の情報を盛り込むことが重要となります。例えば、実際の介護の様子や施設内、職員の写真などを添付しておくと、施設の介護環境を把握してもらいやすいでしょう。また、他施設との比較・検討材料となる利用料金についても、明記することが大切です。チラシを作成する際には、家族視点の情報になっているかどうかを意識して、内容を取捨選択しましょう。

 

デイサービスの実績を明確に表記する

デイサービスの実績を明確に表記することも、契約者となる家族の意思決定に大切です。家庭では実現できないような環境で介護していると伝えることで、デイサービスでしか提供できないメリットを訴求しましょう。具体的には、デイサービスの累計利用者数や利用者の満足度、定期的に利用者様同士がゲームで遊んでいる様子などの情報を盛り込むと、施設のイメージが湧きやすくなります。

 

医療機関と連携していることをアピールする

高齢者が安心して暮らせる環境なのかを家族は知りたいと感じているため、医療機関と連携している旨の情報も必須になります。突然の発作等が起きたときにスタッフに対応してもらえるかどうかを家族は不安に思っているため、スムーズに医療機関と連携が取れる環境であることを訴求しましょう。ここの施設であれば安心して家族を任せられると思ってもらえるように、利用者様の家族の気持ちをイメージして、チラシを作成しましょう。

 

 

デイサービスのポスティングの配布先

ここでは、ポスティングのチラシ配布先についてお伝えします。デイサービスのポスティングの範囲は、利用者様の車での送迎なども想定し、半径2~3kmのエリアが目安となります。どのような場所に潜在顧客がいるのかを想定しながら、ポスティングの配布先を決定しましょう。

 

老人ホーム

高齢者の増加にともなって、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどで介護の手が足りていない可能性があります。デイサービスではどのような対応を行っているのか、サービス内容を明確に発信しましょう。また、気軽に無料体験できるサービスなどがあれば、お試しで利用してもらえる可能性があるため、そのようなサービスを実施するのもいいでしょう。

 

近隣住民

近隣住民に向けた、デイサービスのサービス範囲内の住宅にポスティングすることも欠かせません。介護を受ける当人に向けてではなく、家族に向けた文言にすれば効果的です。また、近隣に地域包括支援センターや居宅介護支援事業所があれば、そこにチラシやパンフレットを置かせてもらうのもいいでしょう。

 

介護マッサージセンター

デイサービスで介護マッサージセンターには対応できないサービスを行うなど、お互いのサービスを補い合いながら連携する方法もあります。例えば、入浴やリハビリといった対応を請け負うなどすると、他施設にもメリットを感じてもらいやすいでしょう。「当社ではどのようなサービスを行っているのか」という情報を、明確に記載しておくことが大切です。

 

デイサービスのポスティングチラシのデザイン例

ここでは、ポスティングチラシのデザイン例を紹介します。それぞれの成功事例のポイントを参考にしながら、実際のチラシ作成に活かしてみてください。

ご高齢者の家族のお悩みに訴えるチラシデザイン

このチラシでは、「ご家族のみなさま、このようなお悩みありませんか?」という文言が目立つように記載し、よくあるお悩みを箇条書きにして紹介しています。まずは家族のお悩みに寄り添うことで共感が生まれ、サービス内容などにも目を通してもらいやすくなります。
施設を利用することにちゅうちょしてしまうご家族も少なからずいると考え、親近感がわくように色使いも暖色をメインにして温かみを感じさせるようにしているほか、スタッフの顔写真を掲載しています。

 

実績と医療機関との連携をアピールするチラシ

こちらのチラシでは、「年間2万人にご利用いただいています」と実績を明記し、なぜそれだけの方がこの施設を選んでいるのかについて紹介しています。実績を記載することで、信頼感の醸成につながります。
また、医療機関との連携についても目立つように記載し、利用者の体の不調などに迅速に対応できることをアピールしています。
「生きている間は元気でいたい」というご高齢の方のニーズを満たせることをイメージできるように、チラシの左上にはご高齢の方がスタッフと折り紙をしている姿を掲載しました。

 

デイサービスの集客にポスティングが効果的な理由について まとめ

デイサービスの集客方法として、ポスティングを行うメリットは多くあります。ポスティングの反響率を高めるために特に大切なのは、デイサービスを必要としている家族に向けて有益な情報が盛り込まれているかどうかということ。配布場所やデザインなどのいくつかのポイントも踏まえながら、コストを抑えて集客アップにつながるような、ポスティングの実践に活かしましょう。

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル