塾の集客にポスティングを活用すべき理由は?配布時のコツと注意点

塾の集客にポスティングを活用すべき理由は?配布時のコツと注意点の画像

このコラムでは、生徒募集を目的とした学習塾・指導塾の集客にポスティングを活用すべき理由を紹介します。塾は客単価が高いため、ポスティングコストが回収しやすいというメリットがあります。パンフレット・チラシ配布時のコツや注意点をふまえて、塾の認知やホームページの閲覧数など反響率アップにつながるポスティングの方法も解説。本文中に広告配布エリアの目安や服装、デザインの成功事例についても説明していますので、実際にポスティングを行う際にはぜひ参考にしてみてください。

 

塾の集客にポスティングが効果的な理由は?

数ある商品やサービスの中でも、塾の集客にポスティングが効果的な理由はいくつかあります。ここでは、集客方法としてのポスティングのメリットや、塾の業態の特徴もふまえながら、理由について解説していきます。

 

ターゲットを絞って宣伝できる

ポスティングのメリットは、新聞折込などとは違いターゲット層を絞って宣伝することができる点です。例えば、一戸建てやファミリーマンションなど、子供がいる可能性のある家を狙ってポスティングすることができます。地域を限定すれば、1件あたりのポスティングする時間や労力は少なく済むので、人件費の削減にもつながるでしょう。

 

効率良く集客できればポスティングコストも回収しやすい

塾のポスティングは、効率よく集客できればポスティングコストが回収しやすいという特徴があります。なぜなら、月謝や教材費など単価が高いため、宣伝にかかったお金は比較的回収しやすいから。たとえ、資料請求や問い合わせ、教室の体験予約などポスティングの反応率が低くても、数人通えば利益になる可能性があります。

 

塾が効率良くポスティングを行うためには?

塾が効率よくポスティングを行うための3つのポイントについて紹介します。ポスティングのエリアや時期を絞ることによって、高い費用対効果が見込めるでしょう。

 

集客エリアを3km以内に絞る

塾のポスティングのターゲットは、子供が通える範囲で塾を探している親です。そのため、商圏は子供が自力で通える距離、つまり1.5kmが一つの基準となります。しかし、最近では防犯上の理由から、親が自動車で子供を塾に送迎する場合も多いです。ですから、親の送迎の負担が少ない、自動車で10分程度の距離となる3km以内に絞るといいでしょう。このように、ポスティングはターゲットの行動範囲に合わせてエリアを細かく設定できるため、集客率アップにつなげやすいというメリットがあります。

また、幹線道路や線路、川など動線の「寸断要素」によって商圏が分断される場合もあります。そのような地形も意識しながら、集客エリアを定めるといいでしょう。

 

長期休暇前に集中的にポスティングを行う

夏休みや冬休みなど、長期休暇を活用して集中的に学力を向上させたい子供は多いです。そのため、夏季講習などが行われる長期休暇前のタイミングに集中的にポスティングを行うことで、入塾につながる効率の良い集客が期待できます。

 

ターゲットに合わせて魅力的なキャッチコピーを作る

進学塾としての魅力をターゲットに訴求するために、キャッチコピーは必須です。例えば、「3カ月で○○点アップ!」など学力向上に関する成功体験や実績を伝えると、教室のアピールとなり集客につながりやすくなります。塾生の合格実績を出したり、在籍する塾講師の出身校など経歴を出したりするのもいいでしょう。どれくらいの学力レベルの塾であるのかを、具体的にイメージしやすいことがポイント。子供を塾に通わせる親の目線で、魅力的な内容になっているキャッチコピーが理想的です。

 

塾がポスティングを実施するときの注意点とは?

塾がポスティングを実施するときの3つの注意点について紹介します。ポスティングは配布するチラシだけでなく、どのように投函するかという配布方法も大きなポイント。塾の悪い口コミや情報が出回らないようにするためにも、依頼するポスティング業者やアルバイトに、事前に仕事の注意点を共有・相談しておく必要があります。読み手がチラシを受け取る瞬間まで想定した、ポスティングの効果を損なわないための注意点を意識しましょう。

 

服装はスーツが好ましい

教育者として正しい姿勢を見せるためにも、服装はスーツが好ましいです。ポスティング中は誰が見ているのかわからないので、教育者としてふさわしい身なりであるか最新の注意を払う必要があります。服装で塾の印象が変わる可能性があるため、ポスティング前に服装をチェックする習慣を身につけましょう。

 

マンションなどは管理人の許可を得る

マンションなどは、事前に管理人の許可を得る必要があります。なぜなら、ポスティングを無許可で行うと、クレームにつながるおそれがあるからです。また、チラシ投入禁止などの張り紙がある家には投函しないようにしましょう。ルールを守らないと塾の印象が悪くなるため、深夜や早朝の時間帯は避けながら無理なポスティングは行わないのが鉄則です。

 

郵便受けには丁寧に入れる

ポストなどの郵便受けや、投函するチラシの状態にも細心の注意を払います。ぞんざいに扱うなどして郵便受けに傷をつけると、クレームにつながるおそれがあるからです。また、チラシがぐちゃぐちゃになるのも、塾のイメージの悪化を招く可能性があるため、望ましくありません。ポスティングのチラシは、自分の身代わりとなりお客さまに挨拶をしているという気持ちで丁寧に扱いましょう。

 

塾向けのポスティングチラシのデザイン例

塾向けのポスティングチラシのデザイン例について紹介します。いくつかの事例を参考に、ターゲットの興味を引くデザインになるように工夫しましょう。

 

塾のチラシ オモテ面

このチラシは、新規開校した塾の集客チラシです。子どもの真剣なまなざしを全面にレイアウトすることで、アイキャッチになっています。文字はキャッチコピーや無料体験の紹介、電話番号などの必要最低限の情報に絞ることで、伝えたいことがより際立っています。

 

塾のチラシオモテ面

 

このチラシでは、実際に通った生徒へのアンケート結果を数値で掲載することで説得力を持たせています。
通ったことで実際にどれだけテストの点数がアップしたのか、満足度はどうなのかを客観的データとして紹介することで、より信頼感がアップします。
また、料金体系についても触れることで、チラシを手に取ったユーザーが検討しやすくしています。

塾のチラシ ウラ面

このチラシは、上記で紹介したチラシのウラ面です。右上に「●●中学校に通う生徒の皆様へ」と記載することでターゲットを明確にし、チラシを受け取った人が「自分宛の情報だ」と感じることで、より興味を引きつけます。
冒頭にはキャンペーンの概要を記載した上で、コースや料金、この塾のメリットなども紹介しています。

塾の集客にポスティングを活用すべき理由 まとめ

塾の集客にポスティングを活用すべき理由がお分かりいただけたでしょうか。いくつかのポイントを踏まえて塾に通わせる親に有効なポスティングを行えば、集客率のアップなどの結果が見込めるでしょう。進学塾はポスティングコストが回収しやすい業態であるため、ぜひ実践に活かしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル