BtoB企業がポスティングを行うメリットとは?配布時のポイントと注意点

BtoB企業がポスティングを行うメリットとは?配布時のポイントと注意点の画像

このコラムでは、BtoB企業がポスティングを行うメリットについて、配布時のポイントや注意点とともに紹介します。BtoB企業がポスティングを行う際は、一般家庭ではなく企業を配布先にします。新規顧客を獲得したい企業は、今回お伝えするポイントを、実際のチラシ作成やチラシ投函に活用してみてください。いくつかのコツを踏まえて、反響や反応率の向上、問い合わせにつながる企業向けポスティングの実践に活かしましょう。

 

 

BtoB企業がポスティングを利用するメリット

BtoB企業がポスティングを利用するメリットについてお伝えします。DM(ダイレクトメール)とは違い、チラシさえ作成すればすぐに配布することのできる手軽さが、ポスティングの特徴です。これから解説するメリットを理解し、高い広告効果が得られるようなポスティングを目指しましょう。

 

新規顧客を獲得できる

BtoB企業がポスティングをすることで、新規顧客を獲得することができます。なぜなら、ポスティングによって、企業の知名度の向上が見込めるからです。チラシに住所を記載しておけば信用度も上がるため、忘れずに記載しましょう。また、2020年からリモートワークが促進されていますが、そのような中でも仕事のために事業所の上層部などは出社している企業も多いです。今までチラシ対応を行っていた担当者ではなく、上層部に直接チラシが目に止まるチャンスが多くなったことから、ポスティングには追い風が吹いていると言えるでしょう。新規顧客を獲得するためにも、ポスティングは粘り強く行いましょう。

不特定多数の企業に宣伝できる

ポスティングを行うことで、多くの企業に自社のサービスを知ってもらうことができます。例えば、顧客となる業界の企業が集まったエリアで一気にチラシを配布すれば、その分集客に期待することができるのです。企業に1社ずつ訪問するよりも、効率良く宣伝することができます。また、自社が地方にあるようであれば、1か月かけて東京で集中的にポスティングを行うのもいいでしょう。どのエリアにどの業界の企業が多く集まっているのかを事前に調査し、配布するエリアをセグメントしてポスティングを行いましょう。

コストが比較的リーズナブルに済む

ポスティングはDMなどの他施策よりも1枚あたりのコストがかからないというメリットもあります。なぜなら、DMは顧客リストなどのデータが必要であったり、宛名の印刷や発送に料金がかかったりするからです。事業所があるエリアで集中的にチラシを配布し、費用対効果の最大化を意識するのもポイント。商材の単価にもよりますが、費用対効果は比較的高いマーケティング手法といえるでしょう。

 

BtoB企業がポスティングを行うときのポイント

BtoB企業がポスティングを行うときの2つのポイントについてお伝えします。ポスティングのチラシを作成する際には、自社をアピールするだけでなくクライアントにメリットを与えているかどうかを意識しましょう。

 

クライアントにとって魅力的な内容のチラシを作る

ターゲットのメリットになるサービス内容を掲載するなど、クライアントにとって魅力的な内容のチラシであるかどうかは大切なポイントです。サービスについて具体性のある内容であれば、クライアントの興味を引きやすくなります。

例えば、成功事例などの導入例をチラシに掲載すれば、実際にサービスを利用するイメージを沸かせることができるため、おすすめです。他にも、クライアントのメリットが伝わりやすいキャッチコピーも効果的。「生産性○%アップ!」など、詳細は多く記載しないようにしながら、クライアントのメリットとなるデータや情報は簡単に表現しましょう。サービス導入後のサポート体制をアピールするのも、いいですね。クライアントにとって魅力的な内容になっているかどうか、客観的な目線でチェックすることを心がけましょう。

お得なクーポンをチラシと一緒に付ける

ターゲットのメリットとなるような、お得なクーポンをチラシと一緒に付けることも重要です。有効期限がある限定的なクーポンなら、期間が終了するまでにサービスを受けたいと思わせることができるでしょう。また、月額制のサービスであれば、最初の3か月を無料にすることなども効果的。クーポンを使うことによって通常よりもどれくらいお得になるのか、サービス内容は明確に記載しておくことがポイントです。

 

BtoB企業が集客目的にポスティングを行う際の注意点

BtoB企業が集客目的にポスティングを行う際の、注意点についてお伝えします。ポスティングでは、デザインなどのチラシ内容も大切ですが、ポストへの配布方法や時間帯も重要です。ポスティング会社やポスティング業者にポスティング業務を依頼する場合は、事前に注意点を共有しておきましょう。

 

チラシは目につくようなデザインにする

自社のサービスをPRするときには、個性を出したほうがターゲットの興味を引きやすいです。サービス内容に合ったデザインを考えるとともに、ほかのチラシに紛れてしまわないように色合いも工夫しましょう。また、B5の薄い紙よりもA4の厚い紙を使うなど、紙のサイズや厚さにこだわりを持つこともポイント。ポストから出したときに他の企業に埋もれてしまわないよう、チラシは目につくようなデザインにしましょう。

 

ポスティングスタッフの服装に留意する

チラシの内容だけでなく、配布するポスティングスタッフの服装も大切です。なぜなら、清潔感のない服装では、自社サービスの信用を失う可能性があるからです。チラシ配布を行う配布員の服装次第では不審者と間違えられる可能性もあるため、確実に好印象を与えたいのであれば、スーツなどのビジネスウェアが好ましいです。自社の印象を損ねないように、ポスティングスタッフの服装には留意しましょう。

 

配布の時間帯に考慮する

配布先の時間帯も、充分に考慮しましょう。なぜなら、配布先の企業に迷惑のかからない時間帯にポスティングする必要があるからです。具体的な目安として、折込チラシが入る新聞の朝刊や夕刊の配達時間を避けた午前から午後1時頃までが望ましいでしょう。早朝・深夜にポスティングすることは違法ではないものの、不審に思われる恐れおそれがあるため避けましょう。また、事業所が多いエリアは土日に人通りが減るため、平日にポスティングを行うのが最適です。

 

BtoB企業がポスティングを行うメリット まとめ

BtoB企業がポスティングを行うメリットは多くあります。反響率を高めて効果的にポスティングを行うためには、ターゲットにとって魅力的なチラシの内容となっているかどうかを客観的に精査することや、配布方法に注意することなどが大切です。いくつかのポイントを踏まえて、コストを抑えて集客アップにつながるような、ポスティングの実践に活かしましょう。

 

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」 チラシ・DMの8つの成功事例を紹介

無料ダウンロードはこちら

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル