魅力的なポスティングデザインの作り方とは?失敗を防ぐポイント

魅力的なポスティングデザインの作り方とは?失敗を防ぐポイントの画像

ポスティングの反響率はデザインで決まるといっても過言ではありません。業者が適切な配布方法を行っても、受取人が気軽に読めて興味をかきたてるようなデザインでなければそのまま捨てられてしまうからです。投函されたチラシやフライヤーが受取人の目に留まる時間は1秒にも満たないと言われています。つまり、受取人がその1秒で「このチラシは自分にとって有益だ」と思わせるデザインでなければなりません。今回は、集客が見込める効果的なポスティングデザインの作り方や、失敗しないポイントをまとめました。

 

魅力的なポスティングデザインを決めるコツとは?

ここでは魅力的なポスティングデザインを決める5つのコツについて紹介していきます。

 

誰に見てもらいたいのか明確にする

チラシの情報をレイアウトする前に、まずはチラシのターゲットを明確にする必要があります。「誰に」このチラシを読んでもらいたいかをイメージしましょう。クライアントや業種、配布エリアにもよりますが、子供向けのスイミングスクールなどのチラシだと黄色などのポップな丸い文字、男性向けだとゴシックなどの力強い文字、女性向けのスポーツジムだと細めの文字、高級感のある商品、サービスの場合は明朝体など、ターゲットを絞ることで内容やフォント、装飾などがハッキリと固まっていきます。エリアやサービスや特色によって微妙に異なるターゲットをできるだけ具体的にイメージしてからチラシ制作に取り掛かることが大切です。

 

ポスティングデザインで何を伝えるのか明確にする

ターゲットが決まったら、そのチラシで何をアピールしたいのかを明確にしましょう。例えば接骨院のチラシであれば得意の施術や治療法、新規オープンのレストランであればおすすめのメニューやオープン記念サービスの内容など、デザイン制作の前にそのチラシで最も伝えたいことは何なのかを自覚することが大切です。クーポンやプレゼントなど、配布先に対するメリットも用意すると反応率アップにつながります。

 

キャッチコピーを目立つ位置に配置させる

ポスティングのチラシでは一目で商品の魅力を伝えることが重要なため、キャッチコピーを最も目立つ位置に、3分の1以上のサイズで掲載するのが理想です。例えばスポーツジムでダイエット向けのチラシを作成する場合、「◯◯kg痩せました」「すぐリバウンドしてしまうあなたへ」など、飲食店のチラシでは「秋の味覚を味わえるのは今だけ」などといったキャッチコピーを最も目立つ位置に掲載し、1秒しか見られない中ではっきりと簡単に判読できることを意識してレイアウトするようにしましょう。

 

ユーザーの視線を意識してデザインを決める。

実は人の視線の流れには法則があり、その法則に従ってチラシをデザインすることが大切です。横書きの場合、紙面の左上から右上、左下にZ字型に移動します。縦書きの場合は
右上から右下、左上へN字型に移動するといったデータがあります。この基本の法則に合わせたレイアウトを意識的に作る方法によって、内容に自然と惹きつけられるチラシデザインを実現できます。

 

人の視線の流れ イメージ

 

 

ポスティングデザインに使用するカラーは3色までに抑える

たくさんの色を利用することはあまりお勧めできません。色が多すぎるとデザインの統一感を欠き、読みづらいチラシとなってしまいます。色は多くても3色までにしましょう。例えば青系を基調にしたい場合は濃い青をメインとし、水色、反対色である赤や濃いピンクなどにしたり、女性向けだとピンク系で統一したりなど、統一感のある配色を心がけましょう。

 

ポスティングデザインに画像を採用した方が良い?

キャッチコピー以外にも、画像を効果的に使うことでレスポンスを高めることができます。

顔写真なら人の目が留まりやすい

画像はイラストよりも写真の方が効果的だとされており、それが顔写真ならばより人の目に留まりやすく、信頼性も高まるとされています。例えば飲食店の紹介の場合は店長、バイト募集の場合はスタッフなどの顔写真をのせるなどして、こういうお店だったらこういう人が働いているんだという雰囲気を伝えることが大切です。有名人の写真など、ターゲットが共感する顔写真を使うとポストや新聞折り込みのチラシでも反応を高めやすくなります。

 

効果がわかりやすい写真なら信用性が高まる

自社商品の効果を証明できる写真を使うと、信用度が増してその後のレスポンスにつながりやすくなります。例えば美容院の紹介の場合、カラーリングのビフォーアフターなど、商品を使用する前と後の写真を利用して効果をアピールすることで実際に効果があるとターゲットに感じさせ、顧客からの問い合わせ、レスポンスにつながります。

 

画像とキャプションをセットで付ければ注目されやすい

人は画像と一緒に文章も読む習性があるため、それを利用して写真のそばにメッセージとなるキャプションを簡潔に添えると注目度が高まります。商品への理解も深められ、受取人の興味をよりかきたてることもできます。

 

ポスティングデザインで失敗しやすいポイントとは?

チラシ制作時のポイントを紹介しましたが、逆にこういうチラシ作りはNGというポイントも3つ紹介します。配布部数を増やしたりしても効果がない時は以下のポイントを踏まえてデザインを考え直しましょう。

 

情報量が多く読みづらい

情報量が多く、何を伝えたいのかターゲットが理解しにくいチラシはあまり読まれません。キャッチコピーは最低でも20字以内、文字だけで伝えにくい時は画像やイラストなどを駆使して見やすくデザインを工夫しましょう。

 

必要な情報が掲載されていない

例えば店舗に集客したいのに地図や電話番号がのっていなかったり、ECサイトへ誘引したいのにサイトのURLやQRコードがのっていなかったりと、商品に興味を持ってもらっても連絡先がないとポスティングの意味が無くなってしまいます。ユーザーを誘導するためにも自社のURLやQRコードなど、必要な連絡先は必ず掲載しましょう。

 

画像のクオリティが低い

目を引くポスティングチラシは写真などの画像を上手に使っています。暗い外観の店舗写真や背景が映り込んでいる商品写真などはマイナスイメージになってしまいます。自分で撮るのが難しければ、費用はかかりますがカメラマンに依頼して撮影してもらうことも検討しましょう。

 

ポスティングデザインの例

最後に、ポスティングデザインの例をいくつか紹介します。

 

このチラシは、加圧ダイエットサロンの店舗集客チラシです。ユーザーの視線を意識した「Z型」のレイアウトになっています。
メインで訴求したい「加圧ダイエット受け放題」を強調して最も大きく記載し、下部には入会による特典を記載しています。トレーニングの風景画像も入れることで、イメージを想起しやすくしています。伝えたい情報をしぼり、文字が多すぎないようにしています。

このチラシは、スポーツジムの集客チラシです。ユーザーの視線に合わせたN型のレイアウトになっています。
顔写真を入れることでアイキャッチ力を高め、スクラッチを掲載して「ついやってみたくなる」仕掛けを施すことで、チラシの内容に興味を引くようにしています。

 

魅力的なポスティングデザイン まとめ

ポスティングチラシは昔からあるメディアであり、単純なように見えて奥が深く、トライアンドエラーを繰り返すことでその効果を高めていくことができるので、ターゲットへのリーチが高いメディアとして今でも支持されています。その分しっかりと情報を伝えるために、コンテンツの整理や見せ方のコツが重要となります。向上心がある人や創意工夫できる人であれば、広告やチラシの中身やデザインを精査し、より顧客に響くものを作ることもできるでしょう。コスト面で不安があれば、ポスティング業者が提供している無料のテンプレートなどをネット印刷、使用するのも方法の1つです。また、デザインの提案から枚数の設定、料金の見積もり、納品完了後の発注、印刷などを全て行うワンストップサービスのポスティング会社を利用することもできるでしょう。ここで紹介した制作のポイントや作り方、NGパターンなどを参考にし、ぜひ効果的なポスティングチラシを制作してください。

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル