ポスティングを実施するメリット・デメリット│効率の良い方法は?

ポスティングを実施するメリット・デメリット│効率の良い方法は?の画像

このコラムでは、求人や集客、プロモーションを目的としたポスティングを実施するメリット・デメリットについて解説していきます。ポスティングは、チラシさえあればすぐに始められるという手軽さが、大きな魅力です。目的やターゲット層、商圏を絞って業種に合わせた戦略的なポスティングを行うことで、事業所のコストを抑えて販促の費用対効果をアップすることができます。ポスティングの特徴やコツ、注意点などをふまえて、ぜひ問い合わせを増やすために販促に活用してみてください。4つの章とまとめを含む目次から、自分の興味のある項目を選んで読み進めていくのもいいでしょう。

 

ポスティングを行うメリットとは?

ここでは、ポスティングを行うメリットを3点紹介します。他にはないポスティングならではの強みを活かし、自社の販促活動に活かしましょう。

 

ターゲットを絞ることで効率良く情報を届けられる

ターゲットを限定すれば、戦略的に宣伝効果を得ることができます。なぜなら、不特定多数の人に届けるより情報発信の有用性が高まるからです。新聞折込は購読者が少なくターゲットにアプローチしづらかったり、ウェブ広告はターゲットの範囲が狭めにくかったりするなどの難点があります。それに比べて、ポスティングはターゲットを絞ることができるので、費用対効果も高くなりやすいというメリットがあります。

 

会社や商品の認知度が高まる

定期的にポスティングを行うことで、会社や商品の認知度が高まり、ユーザーが親近感を抱く可能性があります。例えば、一回ポスティングをしただけでは、自社の商品やサービスに興味を持たないユーザーはすぐにチラシやパンフレットを破棄してしまうかもしれません。しかし、もともと興味がなかった商品やサービスでも、繰り返しポスティングされた情報を目にすることによって、次第に好意的な感情が起こってくる「単純接触効果」が期待できるのです。一度や二度のポスティングで反響が小さくても、継続的にポスティングすることで見込み客を作ることができるといえます。

 

手軽に始めやすい

ポスティングは手軽に始めやすいという特徴があります。配布にかかる料金単価もマンションや一戸建てなど対象を絞って配布する場合、1枚5円から10円前後が相場となっています。他の広告手法として、ウェブ広告、リスティング広告、ディスプレイ広告、DM(ダイレクトメール)などがありますが、その中でもポスティングは比較的始めるハードルが低いといえるでしょう。チラシを印刷すればすぐにポスティングできるので、思い立ったらすぐに実施できるという気軽さが魅力です。

 

ポスティングを行うデメリットとは?

ここでは、ポスティングを行うデメリットを紹介します。ポスティングは人の手で行うため、どうしても配布数に限りがあったり、直接的な成果が把握しにくいなどのデメリットがあります。販促の目的と照らし合わせながら他の広告手法と比較し、商品の宣伝に最適かどうかを判断しましょう。

 

配布量は限定的になる

メールや郵便と比較すると、ポスティングは1日に配布できる量に限界があります(目安:2,500~3,000枚)。なぜなら、メールのように一斉送信はできず、すべて人の手でポストに投函していく配布方法のためです。しかし、ポスティングする枚数を増やすほどに手間と費用がかかり、従業員の仕事の負担も大きくなってしまいます。よって、ポスティングは配布量が限定的になってしまうというデメリットがあるといえます。

 

成果が把握しにくい

購買に繋がったのか、数値的な成果が見えにくいという点も特徴です。メールであれば読んだ後のユーザーの行動をある程度把握できますが、ポスティングしたチラシやパンフレットが破棄されたかどうかは確かめることができません。そのため、成果が把握しにくい点がデメリットといえるでしょう。

 

効率良くポスティングを実施する方法とは?

効率よくポスティングを実施する方法について、いくつかのステップごとに紹介します。ポスティングは、ただ闇雲に行っていても効果が見込めません。目的やターゲットの興味を明確にしながら、戦略的にポスティングを行いましょう。

ポスティングの目的を明確にする

「誰に」「どのような内容」を伝えるのかというポスティングの目的を事前に決めることが必須です。前項でお伝えした通り、ポスティングは配布する量も限られるため、見込み客のみに情報を発信することがポイントとなります。そのため、商品を購入する可能性があるのは誰なのか、どのような内容を伝えれば商品が欲しくなるのかといった戦略を練り、商品の情報を訴求していくことが重要です。

 

チラシをターゲットに合わせて作成する

チラシは商品のイメージに合う色味やデザインを用いて、ターゲットに合わせて作成しましょう。ターゲットが興味を引くように、ひと目で何を伝えたいのか、わかりやすくキャッチコピーを入れることも大切です。例えば、大学生をターゲットにした飲食店のチラシであれば「来店時にご飯1杯お代わり無料!」といった文章と一緒にクーポンをつけたり、主婦をターゲットにした化粧品のチラシであれば「チラシを持って店舗に来店した人だけに試供品をプレゼント!」などの期待感を高める文章も効果的です。チラシに画像を入れると読み手に情報を伝えやすいため、なるべく盛り込んで作成しましょう。

 

ポスティングの効果を振り返る

ポスティングをした後は、ポスティングの影響で商品を購入した人がいるかどうか、振り返って確認する作業が必要です。購入動機をアンケートなどで確認したり、チラシに来店時に使えるクーポンを付けて回収率を確認したりするなど工夫を施しましょう。

 

ポスティングを行うときに注意すべきことは?

ここでは、ポスティングを行うときに注意すべきことについて紹介します。クレームになってしまうと会社や商品に悪いイメージを持たれてしまう可能性があるためです。ポスティングサービスが専門のポスティング業者やアルバイトに配布を依頼する場合も、歩合制や悪天候などでチラシをなるべく早く多く配りたいがために雑にチラシを扱わないように、注意すべき点を事前に共有しておくことが大切です。

 

集合住宅では管理人に許可を取る

集合住宅にポスティングする際は、事前に管理人に許可を取る必要があります。なぜなら、管理人への確認を怠ると、クレームの原因になるおそれがあるからです。最悪の場合、クレームの影響で会社や商品の印象が悪くなる可能性もあります。そのようなリスクを回避するためにも、集合住宅のポスティングでは、事前に管理人に許可を取ることを忘れないようにしましょう。

 

空き家や空き部屋には投函しない

住人がいない部屋へのポスティングは無駄になるため、空き家や空き部屋には投函しないことも鉄則です。判断する目安として、郵便受けにガムテープを貼っていないか、チラシを溜めていないかなどを確認するのがおすすめ。人がいないと判断したときは、地図などにメモしておきましょう。次回のポスティングの際に、空き家や空き部屋を避けてポスティングするのに利用できます。

 

住民の迷惑にならない時間帯にポスティングする

ポスティングは、住民の迷惑にならない時間帯に行うことが大切です。早朝や深夜は怪しまれて印象が悪くなるおそれがあるため、目安として、22時~翌4時は投函しないように気をつけましょう。また、配布エリアによって通勤などで住人が出入りする時間帯も違うため、人通りなどを確認して、迷惑にならない時間帯を選びましょう。

 

ポスティングを実施するメリット・デメリット まとめ

ポスティングを実施するメリット・デメリットについてお分かりいただけたでしょうか。ポスティングは、戦略にエリアやターゲットを絞り、継続的に行うことで成果を出すことができます。回を重ねるごとに振り返りを行い、反省を次回に活かしていくことが、ポスティングの精度や効果を高めていくことにつながるのです。思うような反響が出ずに悩んでいる方、これから新たな地域でビジネスを展開していく方は、ぜひポスティングを実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル