ポスティングを外部に発注するメリットと依頼業者の選び方、注意点

ポスティングを外部に発注するメリットと依頼業者の選び方、注意点の画像

このコラムでは、ポスティングを外部に発注するメリットと、依頼する業者を選定する際のポイントについて解説します。業者によっては、期待していた反響率が取れなかったり、最悪クレームにつながってしまう恐れもあります。クレームはチラシに記載してある問い合わせ先である貴社に来てしまいますので、業者選択は事前の確認が重要です。依頼するだけなら簡単、と捉えずに、以下の選び方のコツを踏まえてポスティング業者を吟味する際の参考にしてみてください。

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」

 

ポスティングを外部に発注するメリットは?

ここでは、ポスティングを外部の業者に発注するメリットについてご紹介いたします。チラシ配布をするだけ、と気軽に考えてしまう会社もあるかもしれませんが、ターゲットの策定や効果測定を行わないとポスティングの意味が半減します。とは言え、地図上で円を書いて、その範囲内にどの程度配布可能な建物があるのか、それはどの程度の枚数が必要になるのか、その場合いくらかかるのか、自社内で全て調べることは非常に時間がかかります。こうしたコストを抑えるほかにも考えられるメリットを解説いたします。

 

自社でポスティングを行う手間が省ける

外注するメリットは、手間が省けることです。アウトソーシングすれば、自社でポスティングを行う必要がなくなるため、空いた時間で、別のコア業務に集中することができます。例えば貴社のブランディング向上や、新規事業の構想、ほかの集客施策の立案、実行などにご使用いただける時間を作ることができるはずです。

 

専門業者に任せればポスティングの効率が良い

また、専門のポスティング会社に任せれば、最適なルートを理解しているので効率良く配布してくれる点もメリットです。自社で実施した場合、配布地域に関する情報が少なく時間がかかる可能性があるため、効率を求めるためにはアウトソーシングをおすすめします。

 

ポスティングを発注する業者の選び方

ポスティングはクレームが発生しやすい販促手法の一つです。それだけに、業者によって反響率も変わってきますし、最悪クレームの発生につながってしまう可能性も考えられます。そのため、ポスティング業者を選ぶ際は吟味が必要です。ここでは業者を選定する基準と、その見極め方を紹介します。

 

管理体制がしっかりしている業者

ポスティングは、配布スタッフが御社に代わってチラシを届けることになるため、ポスティングを実施する配布員の管理が徹底されているかどうかは業者を選ぶにあたって非常に重要です。配布マニュアルなどによって注意事項などがスタッフに周知徹底されているか、配布にあたっての研修の有無などは事前に確認するようにしましょう。

また、近年は、配布スタッフの管理の一環として、GPS機能付きのスマートフォンで管理することが一般的になっているようです。あるまじきことですが、管理の目が行き届いていないのをいいことに、チラシ配布をせず別の場所に移動していたり、娯楽施設などに滞在していたり、注文した配布数を達成せず完了報告書を送ってくるといった可能性もゼロではありません。GPS機能付きのデバイスを配布スタッフに持たせることで、こうした行動の抑止にもなります。統制された動きでポスティングしてくれる、信頼できる業者を選びましょう。

 

ターゲット地域に関する知見を持っている業者

地域に関する知見を持っている業者を選ぶこともポイントです。配布したい地域に詳しい業者なら、細かくターゲット分析することができます。このようにターゲットを絞ってポスティングできることは、効率良く配布することにつながります。選択エリア内でもポスティングに厳しい場所は避けるなど対応してくれ、クレームリスクを低減できることもメリットです。

ほかにも、地形や住宅の密集度合いなどによってはポスティングがスムーズに行えるところとそうでないところがあるため、配布経験によって蓄積される地理的なノウハウの有無も重要です。一軒家がポツポツと点在しているエリアより、集合住宅が密集しているエリアの方が効率的、などです。

「どのエリアに配布するのが効果的か」「当社と類似の業種で反響がどの程度あったか」などを尋ねてみると良いでしょう。

 

適切な費用でポスティングしてくれる業者

ポスティングの費用は、安ければいい、というものではありません。安いにはそれなりの理由があるはず。費用が安すぎると、サービス内容に問題がある可能性があります。例えば、御社のチラシだけでなく、他の企業のチラシも同時に配布する配布方法、「併配」を行っていたり、実地研修などを行わないことで人件費を抑えてコストダウンを叶えていることが考えられます。その結果、想定していた反響が出ない、クレームにつながってしまう、ということも。

そもそもポスティングの単価は、配布スタッフの人件費をベースに、そのエリアの住宅の密集具合などから決まってくるため、大幅に安くすることは本来かなり難しいはずです。料金と品質は表裏一体の部分もあるので、慎重に吟味するようにしましょう。また、逆に、高すぎても効果に見合わない可能性があるので注意が必要です。地域のポスティング業者の費用相場をチェックして、適切な料金で相談できる業者が好ましいです。

 

ポスティングを発注する際の注意点

ここでは、ポスティングを発注する際の注意点を解説します。注文をしてから、希望する選択エリアに配布ができないということがわかったり、請求の段階で想定外の価格になってしまっていたり、という事態を避けるためにも、よく確認してみてください。基本的に、事前に問い合わせをすることで回避できることですので、紹介するポイントを踏まえてから、発注するようにしましょう。

 

配布するエリアが限定されている可能性がある

ポスティング業者には地域密着型も多く、配布できるエリアが限られているケースがあります。セグメントした希望ターゲット地域へのポスティングが可能なのか、事前確認が必要です。配布する枚数も制限される可能性があるので、配布エリアと一緒に確認するようにしましょう。

 

管理体制が行き届いている業者か見極める

「適切な費用でポスティングしてくれる業者」でも触れたように、スタッフの研修が不十分なポスティング業者もあります。万が一クレームにつながってしまった際の対応もきちんとしているかどうかは非常に重要です。安い=サービスの質が低い、と一概に言えるわけではありませんが、どのようなスタッフに依頼しているのか、どのように作業品質を保っているのか事前に確認する必要があります。

 

詳細な見積もりを取得する

配布枚数やチラシのサイズによって金額は異なってきます。請求書が予想以上の価格になってしまった、という事態で考えられるのは、希望するポスティングサービスがオプションとなっている可能性です。想定外のコストがかからないように、希望に合わせて詳細な見積もりを取得すると良いでしょう。

サンプル付きのチラシなど、少し手の込んだものをポスト投函したい場合は、配布可能な販促物を確認することも必要になってくるかもしれません。さらに、複数の業者から見積もりを取ることも重要です。コストを最適化するためもありますが、「適切な費用でポスティングしてくれる業者」なのかという見極めにもつながってきます。いくつかの業者に見積もりに関して問い合わせ、直接相談することをおすすめします。

 

ポスティングを外部に発注するメリットと依頼業者の選び方 まとめ

ポスティングを外部に発注するメリットと、業者を選ぶ際のポイントを解説してきました。お伝えしたポイントを踏まえて、信頼できる業者かを事前に見極めましょう。また、基本的には多くの場合、発注の際には配布開始希望日と配布日数、配布部数、配布希望エリアなどをお伝えし、チラシの納品日を確認していく流れになります。チラシのクリエイティブの審査があるかないかによって、印刷データをチラシ印刷所に納品すべきタイミングも変わってくるため、併せて把握しておくようにしましょう。二人三脚で費用対効果を高めていけるような、長く付き合える業者に出会えますように!

【関連資料 無料ダウンロード】

無料 資料のダウンロードはこちら 「効果の出るポスティングノウハウ集」
無料 資料のダウンロードはこちら 「エリアマーケティングハンドブック」 無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」

 

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード