ポスティングはどのような業種に向いている?利用する際のポイント

ポスティングはどのような業種に向いている?利用する際のポイントの画像

ポスティングではあらゆるビジネスの情報を届けることができ、さまざまな広告が扱われますが向いている業種と向いていない業種があります。飲食店や便利屋、リサイクルショップ、不用品回収などのように不特定多数のユーザーを対象とした宣伝材料が適していると言われています。視覚的にわかりやすい広告で訴えられる業種ほど宣伝効果が高く、集客効果が期待できます。今回はポスティングの利用が向いている業種やサービスについて、利用する際のポイントも踏まえて紹介します。

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

 

ポスティングを利用することが多い業種は?

ポスティングを利用することが多い業種は、主に下の3つがあります。

  • ・宅配などのデリバリー系の業種
  • ・塾などの教育関係の業種
  • ・エステなどの美容関係の業種

それぞれ業種別に紹介していきます。

 

宅配などのデリバリー系の業種

ラーメン店や寿司、宅配弁当など、お客さんが店舗に足を運ばないデリバリーは、チラシが有効な宣伝手段となります。提供している料理の写真を掲載するのが望ましいでしょう。季節のおすすめ商品やメニュー改訂時、スタッフ募集時などをタイムリーに配布すれば覚えてもらえる可能性も高まり、購買意欲をかき立てることもできます。また、割引クーポンを付けたりするとさらに高い集客効果が期待できます。

主に宅配サービス圏内の住宅にポスティングすることが多く、新聞を購読していない若い世代や忙しくて情報収集がなかなかできない子育て世代の目にも触れるので、より興味を持ってもらう可能性も高くなります。ポスティングならデリバリーの商圏内に的を絞ってチラシやクーポンを届けられるので、効率よくターゲット層を網羅でき、高い費用対効果も期待できます。

 

塾などの教育関係の業種

学習塾やピアノ教室、スポーツジム、英語教室などの習い事などを進めるチラシも多く、ポスティングに向いている業種です。
教育系のポスティングでは、徒歩2km圏内の住宅に向けてポスティングするケースが多いです。習い事は徒歩であれば1~2km程度、送り迎えをする場合も10〜20分程度を範囲と考えることが多いため、店舗周辺に的を絞ってポストに広告を配布するのがコツです。
子育て世代が多いエリアなどをポスティング会社が把握している事も多いので、ターゲット層を絞って効率的な宣伝ができればより効果的な集客が期待できます。

 

エステなどの美容関係の業種

エステサロンや美容室、マッサージ店、整体、ネイルサロンなどの美容系店舗は定期的に通えることを重視する顧客が多いため、商圏が定めやすく戦略的にチラシ配布をすると効果的です。クーポンやキャンペーンなど、再来を促すチラシ配布がおすすめです。

美容系サロンはWebサイトでの集客も行われていますが、スマートフォンやパソコンなどを頻繁にチェックする世代にしか集客できません。その点ポスティングは若者から高齢者まで幅広い年齢層にアプローチできます。QRコードをチラシに付ければ、ECサイトへの流入も期待できます。

 

ポスティング効果が期待できない業種は?

ポスティングには強みが活かせない業種もあります。主に、

  • ・大型商業施設などの不特定多数をターゲットにする業種
  • ・客層が限られる業種
  • ・多くの人が利用する通信系販売の業種

の3つです。それぞれなぜ不向きなのかご紹介します。

関連記事:ポスティングの反響率 5業界別に紹介

 

大型商業施設などの不特定多数をターゲットにする業種

大型商業施設やテーマパークなど、不特定多数の幅広いエリアの顧客をターゲットにする場合はポスティングに不向きといえます。ポスティングは、限られたエリアの隅々まで情報が届けられるのが大きな強みです。エリアが広すぎるとターゲットの選定がしにくく、他の市や県の顧客もターゲットと見込むこともある大型商業施設では、ポスティングではカバーできなくなってしまいます。
さらに広いエリアになると配布の時間や費用もかさむため、テレビCMやサイト運営での告知の方が集客が望めるでしょう。

 

客層が限られる業種

顧客の趣味嗜好に関連するような商品やサービスもポスティング効果が期待しにくいです。例えばアニメアイテムやビール、タバコなどが当てはまります。ポスティングはターゲット層やエリアをあらかじめ定め、興味を持ってくれそうな顧客のいる地域にアプローチしていく手法です。そのため、あまりに趣味嗜好が高い商品やサービスは配布ターゲットの選定が難しく、効果的ではありません。
また、趣味嗜好が高い商品やサービスの場合は、投函されたチラシを手にしたとしても興味を持つ人がどうしても少なく、反響がどうしても低くなってしまいます。ポスティングするなら、興味を持つ人が集まるサイトやコミュニテなどに宣伝をした方が良い効果が見込めます。

 

多くの人が利用する通信販売系の業種

通信販売系の場合、日本全国で利用している人がいるためターゲット選定が難しく、ポスティングには不向きです。ポスティングの範囲を広くする必要があり、全エリアを網羅するには手間も費用もかかります。全国のターゲット顧客にアプローチするには、日本全国にアピールできるWebサイトやCMの方が集客しやすいです。

ポスティングを利用するうえでのポイント

最後に、ポスティングをしようか迷った時にチェックしたい3つの項目をご紹介します。

  • ・地域性の強い情報であるか
  • ・費用対効果が期待できるか
  • ・ターゲットに合ったチラシを作成できるか

ポスティングに向いている業種で上の3つの項目のうち、1つでも該当するものがあればポスティングをしてみる価値はあるでしょう。

 

地域性の強い情報であるか?

ポスティングでは、チラシを受け取った相手が行動に写せる範囲でポスティングを行うことが大切です。「自宅から近い場所で習い事を探している」「近くで利用できるデリバリー店はないか」「家から通える範囲でアルバイトの求人情報を探している」など、生活エリア内で情報を探している人がターゲットとなります。そのため、チラシを見れば一目で場所が分かり、すぐに行動が移せる範囲でなければなりません。
ポスティングをしたい情報がより地域性のあるもので、そこで生活している人をターゲットとしているのならポスティングをしてみる価値はあるでしょう。ターゲットを限定することで、ポスティング費用も削減しやすいです。業者によっては地域密着型のポスティングサービスを行なっているポスティング会社もあるので、注文する前にヒアリングするのがおすすめです。

 

費用対効果が期待できるか

ポスティングに向いている業種であっても、費用対効果のバランスが取れていないと利益を生み出すことができません。ポスティングをする前に、ポスティング費用よりも大きな売り上げが期待できるかなどをよく検討しましょう。
例えば、単価が低い飲食店でも、ポスティングの結果常連客が増え、毎月の売り上げアップが見込まれたという成功事例もあります。マンションなど不動産の会社も、すぐに売却できなくても将来的に売却やリフォームにつながる顧客の獲得ができればポスティングの成功につながります。このように、ポスティングを始める前にポスティングで得られる効果を意識すると、すべきかどうかのジャッジがしやすくなります。

ただし、請求する商材の単価によっては費用の回種が難しいケースもあるので注意しましょう。

 

ターゲットに合ったチラシを作成しているか

ターゲットに合ったチラシ出会いとポスティングの効果は得にくいです。ターゲットのイメージに合っているチラシであるか確認をしましょう。例えば、塾へ通わせることを決定するのは親であるケースが多いため、塾のポスティングでは子供よりも親宛ての内容の方が効果的です。ターゲットに合わないチラシを作成してしまうと、受け取っても「自分には関係ない」「必要がない」と思って捨てられてしまうのでポスティングが無駄になってしまいます。ターゲットが「自分のこと」として興味を惹かれるようなチラシ作りを心がけましょう。

 

ポスティングに向いている業種 まとめ

ポスティングは限られた範囲に対して満遍なく情報を届けることのできる販促手法の一つであり、Web広告が普及している今日でも、地域密着方型の店舗系企業をはじめ、多くの業種で根強く利用されています。ターゲットやエリアの選定がしやすいデリバリーや教育、美容関係など幅広い業種で利用されていますが、ターゲットが不特定多数の商品やサービス、逆にターゲットが限定しすぎているものはポスティングには向いていません。ターゲットに合ったチラシなのか、地域性の強い情報なのか、費用対効果が期待できるかを検討し、少しでも当てはまっていればぜひポスティングにチャレンジしてみましょう。

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル