DEECHの商圏分析に【自動色分け機能】が追加。マニュアルなしでも最適な色表示が閲覧可能に。

株式会社DEECH (本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 小菅義和)は、エリアマーケティングシステム「DEECH」の機能アップデートとして、商圏分析の自動色分け機能をリリースしました。
■機能アップデートの背景
株式会社DEECHは、GoogleMapから商圏エリアを設定するだけでポスティングの見積もりから発注、商圏分析、反響分析、競合分析までワンストップで行えるエリアマーケティングシステム「DEECH」の開発・販売しています。今回の機能アップデートでは、商圏分析においてかねてから要望の多かった自動で色分けが行える「自動色分け機能」が登載されました。DEECHの商圏分析は従来のGISツールでは設定が難しいとされていた分析前の数値の入力をより簡略にしたことが特徴で、これを簡易的にしたことで多くの企業から利便性が高まったという評価を頂いてきました。「自動色分け機能」ではさらに利便性を高めることを目的に、商圏分析項目を設定した瞬間に色分けの配分を自動計算し、Googleマップ上でバランスよく閲覧できるように最適化されたものとなります。
■マーケティング部門や販促部門で商圏分析需要の高まり
従来、商圏分析は店舗を開業する前に集客や売上がどれくらい見込めるかなどを事前にリサーチするために店舗開発部門やシンクタンクに重宝されてきました。本来であればそのリサーチデータをマーケティング部門や販促部門と共有することが望ましい使い方になりますが、実際には組織の縦割りの弊害でそれが行われないことがほとんどでした。DEECHではマーケティング部門や販促部門がかんたんに活用できることを念頭に開発されたエリアマーケティングシステムです。近年、エリアマーケティングはWEBとアナログをロジカルに分析して集客や売上にどう活かすかが求められています。これらを複雑なGISツールを使わずに、その場ですぐにチームで共有するなど操作がしやすい商圏分析の需要が高まってきています。

■「DEECH」の概要
「ポスティング業務のDX」
株式会社DEECHが創業当時から取り組んでいた「アナログ施策を見える化する」という強い思いから開発されたエリアマーケティングシステムです。効果検証が曖昧になりがちなアナログ施策をデジタルで可視化できるDEECHは、クロスメディアで販促を行っている企業にマーケティング予算、販促予算をしっかりと可視化できるクラウドサービスです。

■会社概要
会社名 :株式会社DEECH
旧所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-29-9 ネオテック水天宮ビル4F
新所在地:東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア8F(2021年9月1日より)
代表者 :代表取締役 小菅義和
事業概要:エリアマーケティングシステム「DEECH」の開発、WEBマーケティングのコンサルティング、WEB広告運用、デザイン、ポスティングほか
コーポレートサイト:https://deech.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ
マーケティング戦略部
広報 佐藤
pr@deech.co.jp

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル