飲食店がポスティングを行うメリットと効果を高める方法、デザイン例

飲食店がポスティングを行うメリットと効果を高める方法、デザイン例の画像

このコラムでは、飲食店がポスティングを行うメリットと効果を高める方法やデザイン例について紹介します。最近ではテイクアウトやデリバリーサービスといった業種独自の需要も高まっているため、そのような見込み客のニーズの増加も飲食店のポスティングでは大きなチャンスになるでしょう。ポスティングの反応率を高めるには、飲食店のターゲット層に合わせて配布エリアを絞るなど戦略を立てることが大切になります。チラシデザイン例も載せているので、実際にチラシを作成する際にはぜひ参考にしてみてください。いくつかのコツを踏まえて、集客率を高め売上アップにつながるポスティングの実践に活かしましょう。

 

飲食店がポスティングに取り組むメリットは?

ここでは、飲食店がポスティングに取り組むメリットについて紹介します。新しくオープンした飲食店の認知度アップを目的とした集客方法としても、ポスティングはおすすめです。

店舗周辺から新規見込み客を獲得できる

飲食店のポスティングには、おおよそ半径2km圏内の店舗周辺から新規見込み客を呼び込むことができるというメリットがあります。また、近隣の人にターゲットを絞れば、チラシ印刷代などのポスティング費用が安く済むという点もポイントです。ただ、リピーターになってもらうための施策は別途必要なため、まずはポスティングで新規見込み客を獲得することを目標にしましょう。

 

低予算での集客が見込める

ポスティングは比較的広告費が安く済むため、低予算での集客が見込めるというメリットがあります。クーポン付きのチラシにすれば、見込み客が来店するなどのレスポンス率を高めることができるため、おすすめです。そして、リピーター獲得ができれば、店舗の利益も出しやすくなります。店舗のイメージが湧きやすいよう、チラシには料理メニューや写真を掲載することもポイントです。チラシから店舗の特長を理解してもらい、「来店したい」と思わせるような工夫を施しましょう。

 

自分の店舗だけを効率良く宣伝できる

ポスティングのチラシは、新聞折込と比較すると、他のチラシに埋もれることなく見てもらいやすいという特長もあります。ただし、チラシを見た後にすぐ捨てられないよう、訴求する内容には気を付ける必要があります。チラシの折り加工を施したり、型抜きにして紙の形状を変える、インパクトのあるキャッチコピーやクーポンなどの情報を盛り込むなど、見込み客の興味を引くようなチラシを作成しましょう。

 

飲食店のポスティング効果を高めるには?

ここでは、飲食店のポスティング効果を高める方法について紹介します。ポスティングは、ただ多くのチラシを手当たり次第に配るだけでは、十分な効果を得ることができません。ターゲットやエリアを絞り、低予算で集客につながるポスティングを目指しましょう。

 

ターゲットを絞ってポスティングを行う

ポスティングで大切なのは、ターゲットを絞ってポスティングを実施することです。例えばラーメン店であれば、単身世帯が多い地域を狙うなど、各飲食店のターゲットによって配布するエリアを選別する必要があります。ほかにも、ファミリーレストランやピザ屋であれば子供や学生が多いエリア、居酒屋であればオフィスが多く建ち並ぶエリアなどが最適であると想定できます。そのため、どのような層をターゲットとするかは、施策を行う前に十分に検討する必要があります。

ただし、思い込みでターゲットを絞り込みすぎてしまうと、チャンスロスになってしまう場合があります。そのため、まずは広いエリアでチラシを配布してみて、その反響を踏まえたうえでターゲットを決定しましょう。ここで注意すべきなのは、ターゲット設定を誤ると、かけた費用分の成果が見込めないということ。ターゲット設定は、慎重に行いましょう。

 

ポスティングは週末に行う

ポスティングを行うタイミングも、店舗の認知率を高めるためには重要です。ポスティング業者などの専門の業者にチラシ配布を依頼する場合にも、事前に配布時間などは共有しておきましょう。例えば飲食店の場合、休日に外食しようと考えている見込み客の心理を狙って、金曜・土曜の早朝にポスティングすることが望ましいでしょう。ポスティングする時間帯は、通勤する住民の迷惑などにならないように、配慮が必要です。集合住宅などは特に人が往来する時間も集中するため、ポスティングを行うタイミングには注意しましょう。

 

継続してポスティングする

一度だけのポスティングではチラシを見てもらえない可能性があるため、継続してチラシ配布を行います。理想は、週1回程度ポストに投函することが望ましいです。また、ポスティングのレスポンスが良い地域に限定してポスティングを続けることで、効果を高めやすくなります。そのため、ポスティングを行った後に振り返りを行い、反響の多かったエリアを中心に次回のポスティングを行いましょう。

ちなみに、反響を確認する方法として、クーポンにあらかじめ配布エリアに合わせたシリアルコードをつけておく方法がおすすめです。また、チラシにQRコードをつけて、クーポン使用時に居住エリアの入力欄を設ける電子クーポンを配布する方法などもあるでしょう。そのような方法で収集したデータは、次回のポスティングの際に活かすことができます。1回のポスティングごとに工夫を施し、改善を重ねましょう。

飲食店のポスティングチラシのデザイン例

ここでは、飲食店のポスティングチラシのデザイン例についてお伝えします。それぞれのデザインのポイントについても解説しているので、チラシデザインを作成する際は、ぜひ活用してみてください。

下記のチラシは、カレー、中華それぞれのチラシデザインのサンプルです。食欲を掻き立てるのは、寒色(青系)よりも暖色(赤系)です。夏は例外的に涼を感じる寒色を使うことが多いですが、飲食店のチラシでは暖色がベースになります。

また、料理のジャンルによって、定番のイメージカラーがあります。例えば、カレーの場合は黄色や赤、中華の場合は赤、寿司や和食の場合は黒、といったものです。ここで紹介している2つのチラシでは、そのイメージカラーも踏襲して作成しました。定番カラーを使うことで、色の情報からどのジャンルの料理七日のイメージに結び付きやすくなるため、視認性も高まります。

 

 

飲食店がポスティングを行うメリットと効果を高める方法、デザイン例 まとめ

飲食店がポスティングを行うメリットは多くあります。反響率を高めて効果的にポスティングを行うためには、ターゲットの設定やポスティング後の振り返りをしっかりと行うことが大切です。いくつかのポイントを踏まえて、コストを抑えて集客アップにつながるような、ポスティングの実践に活かしましょう。

関連コラム 2021年版 飲食店の集客アイデア23選 コロナ禍でも使える発信方法を紹介

無料_672x508 創業以来のポスティングノウハウを集約

無料ダウンロードはこちら

無料 資料のダウンロードはこちら 「反響の出るチラシ・DM制作事例集」 チラシ・DMの8つの成功事例を紹介

無料ダウンロードはこちら

関連記事

費用が自動で発生することは
ありません!

一週間無料トライアル

わずか3分で
DEECHの詳細が分かる!

資料ダウンロード

1週間無料トライアル